October 12, 2006

ビジネス英会話の公式75

 親しくさせていただいている英語メルマガ発行者さんが、
 本を出されました♪

 村松俊朗 さんの

      『ビジネス英会話公式75 (CD付)』
            (明日香出版社)

 この本、何とバリバリのビジネス街、東京、大手町の
 紀伊国屋書店大手町店において、『語学書部門』月刊堂々のベスト1
 だそうです!

 
 ビジネス英会話というと、何だかむずかしそうに聞こえますか?
 実は、簡単なわかりやすい表現が一番大切なのです。

  ●「限られた時間に必要なことを正確に伝える」英語
  ●「仕事として礼儀・TPOをわきまえた」英語

 これらは、英語の得意な人にとっても、結構むずかしいようです。

 それなら、「公式」としてスイスイと覚えちゃいましょ!
 商談から時事的な話題まで、使い回せる表現とその応用がたっぷりの
 この本で・・・

 タイトルだけ見ると、仕事で英語の必要な方だけを対象にした本と思って
 しまいがちですが、 応用練習では、パーティー、レストラン、旅先で・・・
 など日常生活で使えるフレーズも満載です。

 各公式の最後の「メモ」というコーナーにも、英語学習のための
 ちょっとしたヒント
や、 英米での生活、文化がわかるコラムが載っていて
 楽しめます。

 村松さんお得意の、英語のイディオムも豊富ですから TOEIC などにも
 大いに役立ちそうですよ。

 付属のCDも、ネイティブのナチュラルな発音と スピードで、効果的に
 作られています。

 あなたもこれで、できるビジネスパーソンに♪♪

  

Posted by eigo37 at 11:22Comments(0)TrackBack(0)

June 08, 2005

コーヒーのお好み

お客様にコーヒーをお出しする時、
日本語では、「ミルクとお砂糖はどうなさいますか。」
のように聞きますね。
 
これを、英語で尋ねるには何と言ったら良いでしょう。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 直訳すると、
  "Would you like cream and sugar in your coffee?" ですが、
 もっと簡単で、押し付けがましくない聞き方があります。
 
 ★コーヒーはどのようにいたしましょう。
    How would you like your coffee?
 
 ★ミルクと砂糖を入れてください。
    With cream and sugar, please.
 
 ★ブラックでお願いします。
    Without cream, please. / Black, please.
 
簡単、簡潔ですね。
コーヒーに加えるのは、milk でなく、cream と言うことが多いです。
・・・と言いながらも、普通の牛乳を使うこともありますが・・・
 
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 09:39Comments(6)TrackBack(0)

May 24, 2005

「行ってきます」と「ただいま」

日本語の「行ってきます」と「ただいま」、
英語では何と言うでしょう・・・
それに対する、「行ってらっしゃい」「おかえりなさい」は?
 
 
     ↓       ↓       ↓
 
 
みんなが、こう言うわけではないでしょうが、
我が家ではこんな感じです。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ 行ってきます Bye!
 ★ 行ってらっしゃい Have a good day!
 
 ★ ただいま Hi!
 ★ お帰りなさい How was your day?
 
とってもシンプル・・・でも、笑顔で言うのがお約束。
そこで、チュッ!があるかどうかは、ご想像にお任せします。
 
 Have a good day!  「良い日を過ごしてね。」は、スーパーなどで
買い物した時にも、店員がお客様に向かってよく言ってくれます。
 
「ただいま」は、英会話の本などには I'm home. と言う、と
よく書いてありますが、我が家では、簡単に Hi! が多いです。
そして、単に「お帰りなさい」ではなく、「今日はどんな日だった?」
と聞きます。
 
疲れている時は、お互いうざかったりもしますが、
これを面倒がってしまっては、結婚生活の危機・・・!
 
   Very good. 「すばらしい日だったよ。」
   It was OK. 「可もなく不可もなく・・・」
   Just terrible. 「さんざんだったよ。」
   I had an awful day. 「もう最悪・・・」
 
など、その時の状況によって、答えます。
学校から帰ってきた子供にも、うるさがられない程度に様子を聞いて
コミュニケーションをとり続ければ、色々話してくれるでしょう。
 
家の娘は、こちらが聞く前に、「聞いて聞いて!」と話し出すタイプ。
息子は、適当に受け流していましたね。
 
 
 
 
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 10:31Comments(2)TrackBack(0)

April 20, 2005

噛みつくぞ

昨日に続き、今日はサディストのセリフを・・・
な〜んてウソウソ。「噛みつくぞ」ではありません。
 
これも、簡単なのに知らないとわけがわからない表現です。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ I'll bite.   何だかわからないけどおもしろそうだから
            答を教えて。
 
    魚釣りを思い出してください。
    おいしそうなエサにひかれた魚が、つい引っかかってしまう
    ように、相手が何気なく言った話に興味を持った時、
    「何なの、教えて。」と次の言葉を引き出すために使います。
 
    A: Do you remember our classmate Bob?
      He was a kind of nerd.
      Guess what he is doing now.
    B: I'll bite.
    A: He's a racer.
    B: No way!
 
      A: クラスメートのボブを覚えてる?
        ガリ勉タイプだったヤツだよ。
        今あいつが何やってるかあててごらん。
      B: 何よ、教えてよ。
      A: レーサーだってさ。
      B: まさか!
 
 
 
 
    
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 10:03Comments(0)TrackBack(0)

March 17, 2005

優柔不断

何を買うか、どこに行くか、何を食べるか、
小さなものから、仕事、結婚相手のような重大なものまで、
人生には選択を迫られるできごとが、いっぱい・・・
 
そんな時、すぱっと決めてしまうタイプの人と、何だかんだと
悩みまくって、時間がかかるタイプの人がいますね。
 
私は、後者かな・・・
でも、その悩む過程を楽むタイプでもあります。
夫は完璧に前者です。
 
一緒に買い物をすると、さっさと決めたがるのが夫、
ちょっと待ってよ〜、さっきの店の方が良かった・・・とか、
もう1件行ってみたら、もっと良いのがあるかも・・・と言うのが私。
 
       ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
  A: これにしようよ。
  B: う〜ん、さっきの方が良かったみたい。
  A: おいおい、急ごうよ。
  B: 決められない!やっぱり一晩寝て考えましょうよ。
 
    A: Let's buy this one.
    B: Hmm, I think the one we saw before was better.
         A: Come on, let's hurry up.
    B: I can't make up my mind! Maybe we should sleep on it.
 
 
 
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 11:07Comments(0)TrackBack(0)