September 28, 2005

押入れの中の女王

英語で、 closet queen という語がありますが、
何のことかおわかりでしょうか。

答は、「隠れホモ」です。
差別語ですので、ご本人に面と向かって言ったら・・・殴られるかも。
 closet (押入れ)は、「秘密ごと」を表し、 queenqueer を表すと考えられます。
      (queer とは、「風変わりな」「同性愛の」という意味です。)

同性愛が、いけないこと、秘密にすべきこと、と考えられていた昔と違って、
今では、あっけらかんと(または、散々迷った末?)公表してしまう人が
増えていますね。

ホモであることを公表することを、日本でも「カミングアウトする」と言いますが、
これも、

 ★ come out of the closet 「押入れから出てくる→秘密を公表する
    (特に同性愛者であることを)」 が、元になっているようです。

なお、「ホモ」は homosexual の略で、日本ではいつも男性の同性愛者に
対して、使っていますが、本来は女性にも使う言葉です。

また、やはり closet を使った表現に、

 ★ a [the] skeleton in the closet [cupboard] 押入れ(食器棚)の中の骸骨

というものがあります。
これは、「他人には知られたくない家庭の秘密・事情」を表します。

ちょっとおもしろい表現ですね。

 

  

Posted by eigo37 at 10:56Comments(2)TrackBack(0)

September 14, 2005

猫マネ?

人のまねっこをすることを、日本語では「猿マネ」と言いますが、
これに近いニュアンスが、
英語では「猫マネ」です
(正しくはマネ猫?)

 英語で、 "copycat" というのがそれ・・・
友達がステキな洋服を買ったのを見て、自分も同じようなのを
見つけて着ていると、

 "Copycat, copycat!"

と、みんなにからかわれたりします。
マネをされる方は、あまりいい気持ちはしませんものね。

その他、模倣犯罪copycat crime
      模造品copycat product
      模倣ウイルスcopycat virus ・・・などのように使われます。

映画のタイトルにも "Copycat" というのがありました。

ところ変われば、品変わる・・・「猿」が海の向こうでは「猫」に化けるとは
おもしろいですね。

 

  
Posted by eigo37 at 10:00Comments(0)TrackBack(0)

September 06, 2005

雨に関する英語表現

アメリカではカトリーナが猛威を振るいましたが、日本でも台風14号が
大暴れ・・・
東京のあちこちでも川が氾濫し、浸水の被害をもたらしました。
 
今日は、雨に関する表現を色々と取り上げます。
 
 ★ 雨が降りそうです。 It looks like rain.
 ★ 雨が降るでしょう。 It's going to rain.
 ★ 土砂降りです。 It's pouring.
              It's raining cats and dogs.
              (やや古い表現です。)
 ★ 雨が小降りになってきました。  It's letting up.
 ★ 雷雨  thunderstorm
 ★ にわか雨  shower
 ★ 小雨  sprinkle
 ★ 集中豪雨  concentrated downpour
 ★ 洪水  flood
 ★ 土砂崩れ  landslide

被害に遭われた方々へ、心からのお見舞いを申し上げます。
 

  
Posted by eigo37 at 11:47Comments(2)TrackBack(0)

August 29, 2005

英語で「猫も杓子も」は?

日本語で、 「誰もかれも」のことを、 「猫も杓子も」と表現しますね。
「猫の手」と「杓子(しゃもじ)」の形が似ていることから、
両方を並べているのだそうです。

これもかなりおもしろい慣用句ですが、
英語にもお決まりの言い方があります。

  "every Tom, Dick and Harry" というのが、それ。

TomDick Harry もありふれた名前なので、
これといった特徴もない、ごく普通の人のことを表すのに使います。
男性名ばかり並んでいますが、女性に対して使うのもOKです。

日本の野球選手が、次々とメジャーリーグを目指すことに対し、
every Tom, Dick and Harry がアメリカへ」と批判されたことも
あったようです。

 "Amy invited every Tom, Dick and Harry to her party." 
   エイミーは誰もかれもを彼女のパーティーに呼んだ。

  ・・・のように使います。
 

  
Posted by eigo37 at 11:10Comments(5)TrackBack(1)

August 10, 2005

トウモロコシのお話

アメリカに初めて来た夏、トウモロコシを食べてびっくりしました。
 
トウモロコシといえば、子供の頃、母の田舎(栃木県)で、
畑から採れたての、甘くて濃い黄色のおいし〜いものをいただくのが、
とても楽しみでした。
その時は、塩だけをかけていただくのがお約束で、
他には一切、味付けなし。
 
最初の2列位は、歯でかじっても良いけれど、それによってできた
隙間から、あとは指でこそいでなるべくきれいに食べるように、
母から躾けられたものです。
子供だったせいもあるでしょうが、1度に1本だけいただきました。
 
けれども、アメリカ人と共にトウモロコシをいただいたら・・・
 
 バター、塩、こしょうをたっぷり。
 最初から最後まで歯でかじって、見た目も汚い。
 1度に3本位は平気で食べる。
 
・・・と、かなりカルチャー・ショックを受けました。
 
「トウモロコシ」は、 corn ですが、
同じスペルで「うおの目」という意味もあります。
こちらは食べたくないですね。
 
 corn に関する表現は、日本人には結構知られていないものがあるので
ご紹介します。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ an ear of corn 1本のトウモロコシ
    トウモロコシを数えるには、 ear を使うこと、知ってた?
    ear は、ここでは「耳」ではなく「穂」のことです。
    2本でしたら当然 two ears of corn となります。
 
 ★ husk(ハスク) トウモロコシの皮、または皮をむくこと
    他に shuck も「皮をむく」という意味があります。
    husky (ハスキー)という単語はよく知られていても、
    こちらはあまり一般的ではないですね。
 
 ★ cob(カブ) トウモロコシの穂軸
    食べ終わった後に残る、白くて硬い部分のことです。
    缶詰などではない、軸についたままのトウモロコシのことを
    corn on the cob と言います。
 
 ★ tassel  トウモロコシの先の方についているふさ(雄穂)
    飾りに使うふさのことを、日本でもタッセルと言いますね。
 
バターをつけて食べると、やたらと指が汚れるし、
カロリーも上昇するので、私はこちらでも塩だけ派です。
 
また、私の食べかすを見るときれいなので、
こちらの人はとてもびっくりします。
黄色い部分が、全然残っていないもんで・・・
アメリカのコーンの方が、日本のものより水っぽい感じがするので
きれいに食べるのは、結構むずかしいです。
ガツガツといただくのが、こちら琉のようです。
 
やっぱり時々、しょうゆをつけて香ばしく焼いた、
屋台などのトウモロコシも懐かしくなります。
う〜ん・・・食べたいな〜(T_T)
 
 
  
Posted by eigo37 at 11:28Comments(0)TrackBack(0)

July 07, 2005

なめるなよ!は英語で?

「なめるなよ!」のことを、
 Don't lick me. と直訳しちゃった人がいたとか・・・
これは、まずいですね。(^_^;)
 
他にも日本語の慣用表現、「胡麻をする」や、「鶴のひと声」など
そのまま英訳してしまっては、絶対に意味が通じないものが
たくさんあります。
 
これ、そのうちメルマガでも特集しようかな。
 
ところで、タイトルの「なめるなよ!」ですが、
意味を考えると、「私を見くびるな」「甘く見るな」といったところですね。
 
英語では、
 
 ★ Don't underestimate me.
 
   estimate は「評価する」という意味です。
   (発音は「エステメイト」)
   ですから、 underestimate 「過小評価する」こと。
   逆に overestimate ですと「過大評価する」になります。
 
 ★ Who do you think I am?
 
   「オレ様を誰だと思っていやがる?」という感じですね。
   意外と簡単!
 
でも、こういう表現を使わなくてはならない状況には、
あまり遭遇しなくてすむよう、お祈りしています。
 
 
  
Posted by eigo37 at 11:45Comments(3)TrackBack(0)

July 06, 2005

アメリカの牛

先日、アメリカで2頭目の狂牛病に感染した牛がみつかり、
話題になりました。
 
どうもアメリカ人は、このことについて楽天的過ぎるように思います。
これだけたくさんの牛がいる中の、たった2頭
・・・と思っているのでしょうか。
 
もう牛を食べるのや〜めた!と言っている人に会ったことが
ありません。
 
長いこと牛肉を食べてきた国民ですから、英語にも「ビーフ」を使った
おもしろい表現があります。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ have a beef 不満がある
 
   beef には、「不平」「不満」「苦情」「抗議」といった意味が
   あります。
   動詞で、「ぼやく」ことも表します。
   
   "Richard seems to have a beef with his boss."
     リチャードは上司に不満があるようだ。
 
知らないと、頭の中が???状態になってしまう、
 beef のこんな使い方も覚えておきましょう!
  
Posted by eigo37 at 11:39Comments(0)TrackBack(0)

June 30, 2005

耳がダンボ

「耳」をテーマに、ちょっとおもしろい表現をご紹介します。
 
誰かのウワサ話など、何か興味をそそられるような話が
聞こえてきた時などに、一心に耳を傾けることを、
「耳がダンボになる」と言いますね。
 
これにぴったりな英語は・・・?
 
 ★耳がダンボ I'm all ears.
 
    全身が耳です。
    いかにも熱心に聞いている感じがしますね。
    
    誰かが話している時に、
    「大丈夫、ちゃんと聞いてますよ。」という意味で使ったり、
    誰かが、何かおもしろそうなことを話し始めるそぶりを
    見せた時にこう言って、
    「さあ話してよ。」と促すのにも使えます。
 
では、日本のことわざになっている、「壁に耳あり」は・・・?
 
 ★壁に耳あり Walls have ears.
 
    うわぉ〜!日本語とまるっきり同じです。
    
    古代ギリシャのお話で、宮殿の部屋を仕切る壁に穴をあけ、
    秘密の話を盗み聞きしたという故事が由来だそうです。
 
    さて、このことわざの後半「障子に目あり」は、
    何と訳しましょうね・・・
 
  
Posted by eigo37 at 10:40Comments(0)TrackBack(0)

June 29, 2005

英語でホワイトアウトって?

「ホワイトアウト」と言えば、織田祐二主演の映画のタイトルです。
黒部ダムがテロリストに占拠されてしまう、アクション映画です。
 
この、「ホワイトアウト」は、猛吹雪のため、あたり一面が
真っ白にしか見えなくなり、凸凹感もわからず、
方向感覚、距離感覚も不明になる現象を表します。
 
(あ〜、何て季節感のないブログなのでしょう・・・)
 
某通販サイトでは、色白になるためのコスメとして、
「ホワイトアウト」という製品が、売られていたりもします。
 
(これも、なかなかいいネーミング・・・)
 
でも、もう1つぜひ覚えておいていただきたいのが、
「ホワイトアウト」とは、「修正液」のこと。
字を間違えてしまった時に訂正に使う、そう、アレです!
 
(知らなかった方、多いでしょ!?)
 
 Whiteout 、または White-out とハイフンを入れることもあります。
 
実は、 "Wite-out" (スペルが微妙に違う点に注意しましょう。)
という商標名の修正液があるのです。
 
アメリカ人は「セロテープ」のことも、 "Scotch tape" と商標名で
呼びますので、一緒に覚えておくと便利!
 
  
Posted by eigo37 at 11:09Comments(5)TrackBack(2)

June 22, 2005

yesterday のおもしろい使い方

日本語で、「おととい来やがれ!」という
文法的にはわけのわからない言い方がありますね。
日本語を勉強している外国人が聞いても、
それが「もう来るな」の意味だとは、決してわからないでしょう。
 
英語でも、こんな表現があります。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ I need it yesterday. 
    大至急必要なの。
 
    needed と過去形になっていないので、知らないと
    本当に何のことだかわかりません。
    大げさにユーモラスに言っています。
 
 ★ I wasn't born yesterday. 
    私はそんな世間知らずじゃないですよ。
 
    昨日生まれたわけではないので、そんなことわかってます、
    と言いたい時に・・・
 
    わかりきったことをくどくど言う人や、よけいな忠告をしてくる
    人に向かって。
    または、「こんなこと簡単にできます。」
    「そんなことは百も承知です。」 という自信を相手に伝える 
    ために、使えます。   
 
 
    
  
Posted by eigo37 at 10:19Comments(0)TrackBack(0)