February 29, 2008

英語で「うるう年」は?

 今年は、4年に1度の 「うるう年」 です。

 地球が太陽をひと回りするのに、365日と5時間49分ほどかかるので、
 端数を調整するために、設けられたものですね。
 
 端数がちょうど6時間だったとしたら、4年に1度のうるう年ですっきり
 調整できるのですが、ほんの少しだけずれが生じます。

 そこで、西暦年が100で割り切れる年は、うるう年にはしないことに
 なっています。
 (ただし、西暦年が400で割り切れる年だけは、うるう年とします。)
 
 例を挙げると

  西暦2000年 year two thousand
           → 400で割り切れるため、うるう年
    1900年 year nineteen hundred
           → 100で割り切れるため、平年
    2100年 (year twenty-one hundred)
           → 100で割り切れるため、平年

  
 英語での西暦の読み方も、結構戸惑う方が多いので、ついでに覚えて
 おいてくださいね。(読み方はひとつとは限りません。)
 今年は year two thousand eight です。
 '08年という意味で、単に oh eight と言うこともあります。
 

 この 「閏(うるう)年」 の語源ですが、「閏」には「さしはさむ」
 という意味があるのですって。
 平年にはない2月29日が、「さしはさまれる」というわけです。
 
 「閏」は「潤う」という字に似ているため、書き誤って使われるように
 なり、それが「うるう」と訛ったのだとか・・・
 
 
 英語で「うるう年」のことは、何と言うかご存じですか?
 また「うるう年」ではない「平年」は?

   【答】 うるう年 → leap year
       平年 → common year
   

 leap は「跳ぶ」という意味です。一体なぜ??
 
 2007年の1月1日は月曜日でしたが、今年は火曜日です。
 1年は52週と1日ですので、翌年の同じ日の曜日は、普通ですと
 1つずつずれますね。
 ところが「うるう年」の2月29日以降は、2つずれてしまいます。
 
 曜日を1つ跳び越えてしまう・・・という感覚で leap という語が
 使われるのだそうです。

  

Posted by eigo37 at 09:08Comments(2)TrackBack(0)

January 25, 2008

「寿限無」 VS. Tikki tikki tembo

 今放映中のNHKの朝ドラ、 「ちりとてちん」 の大ファンです。

 女性落語家を目指すヒロインは、朝ドラにはめずらしくマイナス志向。
 弱気で不器用で、失敗してはよく落ち込んでいます。
 そんなヒロインを囲む人々が、みんな何とも言えずあったかく、
 いい味を出しています。

 落語といえば、 「寿限無(じゅげむ)」 がおなじみですね。
 教育テレビの 「日本語であそぼ」 でも紹介され、子供たちにも
 大人気だそうです。
 
 
  ♪寿限無 寿限無 五劫(ごこう)の擦り切れ
   海砂利水魚(かいじゃりすいぎょ)の水行末(すいぎょうまつ)
   雲来末(うんらいまつ) 風来末(ふうらいまつ)
   食う寝る処に住む処 やぶらこうじのぶらこうじ
   パイポパイポ パイポのシューリンガン
   シューリンガンのグーリンダイ
   グーリンダイのポンポコピーのポンポコナーの
   長久命の長助(ちょうきゅうめいのちょうすけ)♪

 
 我が家の子供たちがまだ小学生だった頃、 「寿限無」 に似た
 意味不明の言葉を、楽しそうにくり返していたことがあります。

 一体何なのかたずねると、図書館で借りた英語の絵本を見せて
 くれました。

 それが、この本だったのです!

  続きを読む
Posted by eigo37 at 11:00Comments(0)TrackBack(0)

February 05, 2007

French を使った英語の表現

 英語には、なぜかフランスのことを小バカにした表現があります。。。
 次の語はどんな意味で使われているでしょう。
 
 ◆ Pardon [Excuse] my French.
 
 ◆ French leave
 
 ◆
French postcard
  
  続きを読む
Posted by eigo37 at 10:30Comments(0)TrackBack(0)

May 22, 2006

動物の赤ちゃんは英語で?

 テレビ番組で「動物の赤ちゃん」の特集をやっていると、
 つい見てしまいます。
 
 もう・・・無条件に頬がゆるんでしまいます。。。
 獰猛な動物でも、赤ちゃんの時は、どうしてあんなにかわいいので
 しょうね。
 
 そこで今日は、英語で動物の赤ちゃんを何と呼ぶか、という特集です。
 日本では、「子○○」とひとくくりのものがほとんどですが、
 英語では、親とは違う呼び方のものが、ずい分あるのですね。
 
 ◇  dog → puppy
    これはきっと皆さんご存知ですね。

 ◇  cat → kitten
    では、ハローキティの "kitty" とは何ぞや?
    幼児語で猫のことをこう言います。「にゃーにゃ」とか
    「にゃんこ」といったところでしょうか。
   
 ◇ 馬 horse → colt(オス)、filly(メス)
    なお、 "pony" は「小型の馬」のことです。
   
 ◇  cow → calf
    象(elephant)や、カバ(hippopotamus)などの子供も
    こう呼ばれます。

 ◇  pig → piglet
    「クマのプーさん」の日本語版で「コプタ」となっているのは、
    名訳だと思います。
   
 ◇  sheep → lamb
    羊肉についても、成長した羊の肉は "mutton" 、子羊の肉は "lamb"
    と呼び分けますね。

 ◇ 山羊 goat → kid
    人間の子供も、 "kid" と言います。
    口語では "child" より、よく使われるくらいです。

 ◇ 鹿 deer → fawn  
    "bambi" ではありません。。。
   
 ◇ 鶏 hen → chick
    若い女性のことも、スラングでこう呼ぶことがあります。
    また、 "hen" は雌鶏のこと。雄鶏は "cock" です。
   
 ◇  bear → cub
    ライオン(lion)や虎(tiger)の赤ちゃんも、これ。
    ボーイスカウトの幼年団員は、 "Cub Scout(s)" と呼ばれますね。
   
 ◇ アヒル duck → duckling
    英語では鴨のことも "duck" と呼びます。

  
Posted by eigo37 at 10:24Comments(3)TrackBack(0)

January 30, 2006

英語でダジャレ!

「親父ギャグ」 はみんなの嫌われモノですが、英語にもこのような
ダジャレがたくさんあります。

先日友人が送ってくれた "Visual Puns"  というスライドショーが
なかなか笑えましたので、ご紹介します。
目で楽しむ英語のダジャレです。

 pun というのは、 「ダジャレ」「語呂合わせ」のこと・・・
「プン」ではなく、「パン」と読んでくださいね。 (^_^;)

家では特に "eggplant (なす) " "iPod" がウケました。

画面の上のお好きなところをクリックすると、次の画面に変わりますので、
お楽しみください。

もし、これ意味がわからないよ〜というものがありましたら、
コメントくださいね。

 

  
Posted by eigo37 at 11:07Comments(0)TrackBack(0)

January 12, 2006

dog を使ったおもしろい英語表現

 昨日に続いて、「犬」を使ったおもしろい英語表現です。

 ★ a/the hair of the dog (that bit one) 迎え酒
 
   狂犬病にかかった犬に噛み付かれた時に、その毛を取ってつけると
   傷が治るという迷信が語源です。
   
   年末年始は、忘年会や新年会でひどい二日酔いを味わった方も
   多いことと思います。
   
   そんな時の秘密兵器は「犬の毛」です!
   だからと言って、本当にペットのワンちゃんの毛を飲み込まないように・・・
   
   Have a hair of the dog that bit you. 
    迎え酒といこう。
    
    
 ★ The dog ate my homework. 犬が僕の宿題を食べちゃった。
 
   実際に使われているか、定かではありませんが
   宿題をしなかった時の、言い訳の定番とされています。
   
   子供たちはその他にも、ユニークな言い訳を
   色々と考えてくるので、

   "There's no 'The dog ate my homework' here."
    『犬が宿題を食べた。』なんて言い訳はダメですよ。
   
   ・・・と先手を打ったり・・・
   先生も大変です。
   
 

  
Posted by eigo37 at 11:58Comments(2)TrackBack(0)

January 11, 2006

dog-ear と doggy bag

 今年は戌年、 "the year of the dog" です。
 そこで、「犬」を使った語をご紹介しましょう。
 
 ★ dog-ear
 
  「(本の)ページの隅を折る」ことです。
  心に残ったページ、覚えておきたいページの端を、
  目印のために三角に折ると、ちょうど垂れ下がった犬の耳のように
  見えますね。

  耳が立っている犬もいるじゃないか、というツッコミはなしでね・・・

  私は、通販のカタログを見ている時に、よくやります。
 

 ★ doggy bag
 
  レストランなどで外食した時に、おいしかったけれど
  食べきれずに残してしまうことがありますね。
  特に、アメリカのレストランでの食事は、
  量がハンパではありませんので。
 
  そんな時に、家で残りを食べるから・・・と正直に言うのは、
  ちょっと恥ずかしかったりします。。。

  ひと昔前は、奥ゆかしい方がもっと多かったのでしょうね。
  「うちのワンちゃんにやるので・・・」と理由をつけて
  doggy bag という袋に入れてもらって持ち帰ったのが、始まりです。
 
  doggie bag と綴る場合もあります。
 
  今は直接 "Can I have a container for this?" などと
  「持ち帰り用の容器」をお願いすることも多いです。

  
Posted by eigo37 at 11:53Comments(0)TrackBack(0)

November 02, 2005

アメリカ産の牛肉、輸入再開?

 狂牛病騒ぎで、輸入が禁止されていた、アメリカ産の牛肉・・・
 年内にも輸入再開、という動きになっていますね。

 吉○家の牛丼 の復活を、心待ちにしている方も多いでしょうが、
 やはり、ちょびっと不安が残ります。
 何事にもとかく大雑把なアメリカ人ですが、
 これは命にかかわること・・・ちゃんと厳しい検査をしてほしいですね。

        ∵*☆∴     ∵*☆∴

 ところで、英語にはおもしろい表現があります。

   beef は「牛肉」のことですが、
  その他に「不平・不満」「口げんか」を表すのです。

  ★ Did you have a beef with your wife yesterday?

    × 「昨日、奥さんと牛肉食べた?」
    ○ 「昨日、奥さんと口げんかした?」

  ★ Where's the beef?

    △ 「牛肉はどこ?」
    ○ 「何が言いたいの?」

     元々は、某ハンバーガーチェーンのCMに使われました。
     「牛肉なんて入ってないじゃん!」と
     競合他社の製品を、からかったものです。

  ★ What's your beef?

    × 「何の牛肉食べてるの?」
    ○ 「何が不満なの?」

 beef と言ったら狂牛病の心配ばかりでなく、
 こんな使い方も覚えておいてくださいね!

  
Posted by eigo37 at 10:46Comments(8)TrackBack(0)

October 19, 2005

英語で電話を受ける時

「もしもし、○○さんはいらっしゃいますか?」
「はい、私です。」

日本語で書くと当たり前の、電話でのこんな受け答え。
英語だったら、どのようになるでしょう?

 "Hello, is Mrs. ○○ there?" 
  もしもし、○○さんはいらっしゃいますか。
 "Yes, this is she." 
  はい、私です。

 "Hello, may I speak to Mr. or Mrs. ○○?"
  もしもし、○○氏か○○夫人はいらっしゃいますか。
 "This is Mrs. ○○."
  はい、私が○○夫人です。

直訳すると、奇異な感じがしますが、
こんな場面では、 Mr. Mrs. をつけて自分のことを呼ぶのは普通です。
私も、最初にこれを聞いた時は、びっくりしましたが・・・

最初の例の、"This is she." または "This is he."
慣れないとヘンな感じがしますね。
親しい相手には、 "It's me." もOKですが、両方覚えておいてください。

また、「〜はいらっしゃいますか。」も、
2番目の "May I speak to 〜?" の方が、ていねいに聞こえます。

 

 

  
Posted by eigo37 at 11:19Comments(0)TrackBack(0)

October 05, 2005

kick back って蹴り返す?

アメリカ人と話していると、彼らはよく
 kick back というフレーズを使います。

初めの頃、kick back は「蹴り返す」だと思っていました。
それにしては彼らの表情は、別に攻撃的でもなく、むしろうれしそう・・・

一体どういう意味なのだろう、と聞いてみたところ、
口語で「リラックスする」という意味だったのですね。

 "I'm gonna stay home and kick back this weekend."
  今週末は家でリラックスするつもりだよ。 

何も思い悩んだりせず、気持ちの良い、お気に入りの椅子にもたれて
のんびりするイメージですね。

アメリカ人は、背もたれの部分がリクライングでき、
脚乗せ台もついている、1人がけ用の大きな肘掛椅子を好みます。

それに座って、思い切り後ろにのけぞり、脚も上げてくつろぐというわけ。

週末まで、会社に出かけなくてはならなかったり、副業に精を出したりしている
日本人とは、根本的に何かが違うような気が・・・?

なお、kick back には、「〜に仕返しする」「リベートを支払う」という
全然違う意味もあります。

  
Posted by eigo37 at 11:01Comments(0)TrackBack(0)