November 22, 2006

サンクスギビング

 アメリカでは、毎年11月の第4木曜日は サンクスギビング(感謝祭)
 です。(カナダでは10月の第2月曜日)

 日曜日まで4連休・・・Thanksgiving Holiday として、ちょっとした
 休暇となるのが普通です。
 アメリカ人にとって、日本の正月やお盆のようなこの休暇には、
 たいていの人が実家に帰る習慣です。
 
 今年は日本の「勤労感謝の日」と重なっていますね。
 対象は何であれ、感謝の気持ちを持つことは良いことです♪
 
  
 宗教の自由を求めて、1620年にイギリスからアメリカに渡った清教徒
 たち・・・
 最初の年には、彼らは大変過酷な冬を迎え、飢えと寒さで多くの人が
 亡くなってしまいました。
 
 彼らに救いの手を差し伸べたのが、先住民であるインディアンでした。
 (注:インディアンのことは、ネイティブ・アメリカンと呼ぶのが
    ベターとされていますが、ここではインディアンとさせて
    いただきます。)

 農業や、狩、漁の仕方を、インディアンが手取り足取り(?)親切に
 教えてくれたおかげで、翌年には冬を越すのに充分な食料を得ることが
 できたのです。

 彼らは収穫を感謝し、神を祝福すると同時に、インディアンに心から
 感謝し、お礼に食事に招きました。
 これが、サンクスギビング の始まりと言われています。
 国民の祝日となったのは、もっとずっと後のリンカーンの時代でした。
 
 
 この日には、家族や親しい人たちが集まって、ごちそうをいただきます。
 まるで「おせち料理」のように定番のメニューがあります。
 
 ★ スタッフィング(詰め物)をしたターキー。
   
   これは絶対欠かせません!
   スタッフィングは、それぞれの家や地域によって、材料も作り方も
   変わってきます。これも正月のお雑煮みたいですね。
 
 ★ クランベリーソース
 ★ マッシュドポテト
 ★ ターキーやポテトにかけるグレービーソース
 ★ コーン、ヤム芋など
 
 ★ そしてデザートは、パンプキンパイで決まり!
 
 サンクスギビング を境に、街の中は クリスマス 一色となります。
 今度は、クリスマスの買い物で忙しくなる時期です。
 デパートなどでは、大きなセールが行われるところが多く、大変混雑
 します。

 年末までず〜っと、お祭り気分が続いてしまいそうですね。
  
    ♪ \(^0^\)(/^0^)/ ♪



 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50827880
この記事へのコメント
お久しぶりです、さくらさん♪
楽しいディナーになりましたか??
わたしはびっくりするほど食べて、バーゲンにも行ってきましたよ〜^^
年末にかけてお忙しいでしょうが、お体など気をつけてくださいね!*
Posted by ericoco at November 26, 2006 14:37
ericocoさん

お久しぶりです!
コメントありがとうございます。

我が家の今年のサンクスギビングは、地味に終わりました。。。
なぜか動物園に行ったのですが、
『勤労感謝の日サービス』で、みんなにパンジーを配っていましたよ♪
Posted by さくら at November 26, 2006 21:52