October 30, 2006

"Duck!" と言われてアヒルを探していると、命にかかわるかも。

 皆さんがよくご存じの英単語の中には、意外な意味を持ったものが
 あります。
 以下の語、( )内の状況ではどのように使われるでしょう。

 ◇ trip 「旅」       (走っている最中には?)

 ◇ reserved 「予約済みの」 (人の性格を表すには?)

 ◇ duck 「アヒル」     (危険な場面では?)

 



 ◇ trip 「旅」 (走っている最中→つまずく)
 
   歩いたり走ったりしている時に、何かにつまずいてしまうことも
   trip と言います。
   「〜につまずく」は trip over 〜 で表します。
  
   trip はその他、ドラッグなどによる幻覚症状のことも指しますね。

 ◇ reserved 「予約済みの」 (人の性格→控えめな)

   日本人には美徳とされる「遠慮がちな」「控えめな」態度は、
   感情を表に出さず、何を考えているのかわからない・・・
   つまり「うちとけない」「よそよそしい」と、ネガティブに
   とらえられてしまうこともあります。

 ◇ duck 「アヒル」 (危険な場面→身をかがめる)

   "Duck!" と誰かが叫んだら、「アヒルはどこ?」なんて、のんきに
   探さないように・・・、

   危険を知らせてくれているのですから、急いでかがんだ方が
   良さそうです。
   槍か何かが飛んでくるところかもしれませんよ。


 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50805458
この記事へのコメント
わぁ、全部しりませんでした。すごく勉強になりました。

"Duck"は覚えておいた方がいいですよね。

ダックなんて言われると何か馬鹿にされてるのかなとか思っちゃうかも(笑)
Posted by イヴォンヌ at October 30, 2006 22:25
イヴォンヌさん、
コメントありがとうございます!

「鴨」のことも "duck" と言うことにも、最初びっくりしました。

「アヒル」しか思い浮かびませんでした。。。
Posted by さくら at October 30, 2006 23:33
5
tripping:バスケットボールで相手の足をかけて躓かせてしまうこと

ducking:ボクシングでひざを曲げて頭の位置を下げる防御テクニック(アヒルの歩き方に似ているらしい)

reserve:いろいろなスポーツで「控え選手」

と,全部スポーツで解けました.
Posted by Globe at November 05, 2006 15:37
Globeさん、スポーツ通なんですね!
するどい発想のお答え、ありがとうございました。
Posted by さくら at November 05, 2006 22:38