September 15, 2006

9月15日 by パット・メセニー&ライル・メイズ

毎年、9月15日には必ず聴くことにしている曲があります。

タイトルもずばり、 「9月15日(ビル・エヴァンスに捧ぐ)」
 
"September Fifteenth (dedicated to Bill Evance)"
 
ギタリスト、 パット・メセニー と、キーボード・プレーヤー 、
ライル・メイズ による
 "As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls"  という
ちょっと変わったタイトルのアルバムの中の1曲です。

アルバム全体がとても幻想的で、色々とイマジネーションを
かきたてられる気がします。
まるで前世の思い出が呼び起こされるような、懐かしい感じが
するのです。
聴いていると、どこか別の世界に行ってしまいそう・・・

「9月15日」 は、1980年の9月15日、演奏中に倒れて亡くなった
悲劇のジャズ・ピアニスト、 ビル・エヴァンス に捧げられた曲です。
パット・メセニー のギターと ライル・メイズ のピアノのからみが、
この世のものとは思えないほど、美しすぎます!

こちらから、曲のサンプルが聞けますので、ぜひどうぞ・・・

  パット・メセニー&ライル・メイズ『ウィチタ・フォールズ』

この曲に出会ったのは、もう25年ほど前のことで、
FM放送で流れていたのを耳にして、一目ぼれ・・・
ではなく一聞きぼれ(?)してしまいました。

その頃、周りに パット・メセニー のことを知っている人なんて
誰もいませんでした。
けれども、その頃知り合った今の夫が、たまたま彼の大ファンだったのです。
これも縁で、すっかり意気投合してしまった私たち・・・
それ以来、この曲は私たちの思い出の曲となりました。

もう銀婚式も近い私たちですが、もちろん今日も一緒に聴きましたよ♪



 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50754547