April 10, 2006

アメリカの豆腐事情

 私が夏の数ヶ月を、夫の故郷アメリカで過ごすようになった頃、
 どうにも日本食が恋しくて、泣きたくなる日もありました。
 (インターナショナルスクール教師の夫は、何と夏休みが2ヶ月半も
  あるのです・・・!)

 その頃、ミネソタ州のド田舎の小さな町では、
 日本の食材は、ほとんど何も手に入りませんでしたから・・・
 
 けれどもある日、スーパーでみつけたのが、 "Mori-Nu Tofu" という
 真空パック入りの豆腐でした。
 まるで神様からの贈り物のように、本当にありがたく思いました。

 賞味期限を見ると、何と半年も先・・・冷蔵ケースではなく、
 普通の棚の上に乗せられていました。
 なんじゃこりゃ〜?とびっくりしたのを、よく覚えています。
 

 先日、私の知り合いの、ロサンゼルス在住の方からメールが届き、
 新しく出版プロデュースする本を送るから、ぜひ読んでね、
 と言われました。

 何とその本は、あの "Mori-Nu Tofu" を、その生涯をかけて、初めて
 アメリカに広めた方によって書かれたものでした!!
 
 日本食ブームの今では考えられないことですが、かつて豆腐は、
 “アメリカ人の嫌いな食べ物ナンバーワン”に選ばれてしまったことも
 あるそうです。
 
 豆腐を一般アメリカ人家庭の食卓にのせるために、著者はまさに寝食を
 忘れて、ひたすら走り回り、ついにその夢を実現したのです。
 
  ■ 『豆腐バカ 世界に挑む』−日本ビジネスの神髄がここに−
     雲田康夫著 光文社ペーパーバックス
     定価1000円(本体952円+税) http://snipurl.com/onfp

 
 これは、突然“アメリカで豆腐を売って来い”という辞令を受け、
 豆腐を売るために悪戦苦闘した、1人の日本人ビジネスマンの物語です。
 "Mr. Tofu" とまで呼ばれた著者の、20年におよぶ“豆腐人生”の
 すべてが、この一冊に込められています。
 
 奥様やお子さんを巻き込んでしまった苦労話まで、正直に・・・

 著者が、試行錯誤の末にたどり着いたその販売方法とは?
 その奇抜で驚くべきアイデアも、盛りだくさんに紹介しています。

 絶対にあきらめず、成功だけをイメージするそのひたむきさには、
 私たちも見習うことがいっぱいです。
 きっとあなたも、明日への勇気がわいてくることでしょう。

        詳細は⇒ http://www.kumoda.net
/


 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50542473
この記事へのトラックバック
昨日のJSNのシンポジウムのあと、mixiで最近知り合いになった方がロスにいらっしゃったのでお会いしました。私が最近興味を持ち始めた分野で活躍されている方で、いろいろと面白いお話を聞かせていただきました。このところ、自分がやりたいことに関係した方々や、興味を...
mixiでの出会い【ロサンゼルス発! メディア・プロデューサーの日常】at April 11, 2006 18:45
この記事へのコメント
5
ニューヨークにいた時に買っていました.
Mori-nu Tofu.

そうか,そんなに苦労したのですね.
おそらく本にも出ているのでしょうけれど,ヘルシーな食品として
見直されるまでは,「大豆」は文化的な大きなカベだったのでしょう.

トウモロコシも「飼料」という点では本来似たようなものだと思いますが,
あちらはケロッグが見事に化けさせましたからね.

Posted by Globe at May 07, 2006 11:02
この本は、今日の朝日新聞の
ビジネス本のコーナーでも紹介されていました。

ご縁のあった本なので、ちょっとうれしかったです。

アメリカでは、大豆は家畜のエサというのが常識だったので
営業に回ると、ペットフード担当に通されてしまったそうです。

私も以前は、あちらの方に "bean curd" なんて説明していましたが
今ではちゃんと "Tofu" で通じるようになりました。
時代が変わりましたね!




Posted by さくら at May 07, 2006 19:49