December 23, 2005

サンタクロース

 子供たちが大好きな "Santa Claus" の由来には、諸説ありますが、
 4世紀に実在した、カトリック教会の司教、 「聖ニコラウス」
 起源だという説が一般的です。
 
 それに 北欧の神話 などがミックスされて、語り継がれているようです。
 
 サンタのトレードマークとなっている赤い服は、元々はカトリック教会
 の祭服の色に由来しています。

 そして、コカコーラ社 が宣伝用に赤い服のサンタの絵を使ったところ、
 それが大好評だったため、世界中に サンタ=赤い服 というイメージが
 定着したのだそうです。
 
 サンタクロースは、空飛ぶソリ(sleigh スレイ)に乗ってやってきます。
 日本でもポピュラーな
 「赤鼻のトナカイ(Rudolph The Red-Nosed Reindeer)」の歌で
 おなじみの、ルドルフ という名の トナカイreindeer レインディア)が、
 ソリの先頭を走るとされています。

 欧米の子供たちは、24日の夜はサンタさんのために、手作りクッキーと
 ミルクやココアを、手紙と共に置いておきます。
 お礼の気持ちをこめて・・・
 だから、サンタさんは太ってしまうのでしょうね。
  
 家の子供たちが大好きだった 「さむがりやのサンタ」 の絵本の中では、
 置いてあるジュースを見たサンタが、もう飽き飽きとした様子です。

 ところが、ある家には「パパがごじゆうにどうぞって」という手紙と
 共に、ブランデーが置いてありました。
 「これでなくっちゃ!」と、サンタが大喜びする場面がありましたっけ。
 
 いかにもサンタさんが来たように見せかけるため、食べかけのクッキー、
 飲みかけのミルクを置いておいたのも、子供たちが幼かった頃の、
 良い思い出です。

 あなたの家には、まだサンタさんがやって来ますか?



 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50337811
この記事へのコメント
イギリスでは Santa Claus という呼び方よりも
 Father Chrismas
の方が圧倒的に多くて,私はこの名前が大好きです.

ご紹介のブリッグス作「さむがりやのサンタ」の原題も "Father Christmas"
ですね.
Posted by Globe at December 23, 2005 11:27
そういえば、原題は "Father Christmas" ですね。
出てくる建物も、イギリス風。

サンタさん、今頃準備でさぞ忙しくしていることでしょう。
Posted by さくら at December 23, 2005 17:35