December 05, 2005

極夜を初体験

b16dfd9e.jpg

 毎月積み立てをして、2〜3年に1度、一緒に
 海外旅 行をする旅仲間がいます。

 今回は、ぜひオーロラを見に行こう、ということで
 ノルウェーの北極圏の町、
 トロムソ という所に行ってきました。
 帰りには、デンマークの コペンハーゲン にも
 tromso2.jpg                    寄りました。
 
今週は、その時の体験記をつづります。

 トロムソは、 「北欧のパリ」 とも呼ばれ、
 北緯70度に位置する、人口6万人弱の北極圏
 最大の町です。

 メキシコ暖流の影響で、北極圏とはいえ意外と寒く
 
ありません。
 1〜2℃でしたので、みんな普通の格好で歩いていました。
 イヌイットのような服装を想像していましたが・・・
 
 オーロラにはもちろん大感激でしたが、もしかしたらそれ以上に
 不思議な体験だったのが、 "polar night" です。

 日本語では「極夜(きょくや)」といいますが、
 11月21日から2ヶ月間、太陽が地平線より上には昇ってこない時期が
 続きます。
 夏の白夜(night under the midnight sun)の反対ですね。
 
 朝食の時間は、まだ真っ暗・・・
 お昼頃をはさんでほんの数時間、曇天の日ほどの明るさにはなりますが、
 午後2時ともなれば、相当暗くなってきて、3時頃にはもう真っ暗!!
 上の写真は、午後2:25と、その1時間後に写したものです。
 これは本当に変な感じです。うつ病にかかる人も多いのでは・・・?
 
 それを防ぐためでしょうか、暗くても家に閉じこもったりせず、
 街中を歩き回っている人が多いです。
 男性も女性も美形が多くて、目の保養(?)にもなりました。
 
 トロムソでは、どの家も窓辺を美しい灯りで飾り、お互いに楽しめる
 ように心がけているようです。
 ですから夜景(そして朝景&昼景?)が、本当に美しかったです。
 また、北欧でキャンドルが発達した訳がよくわかりました。
 
 朝になれば太陽が昇るという、日頃は当たり前に思っていることが、
 どんなに感謝すべきことか、この旅で初めてわかったのでした。。。
 



 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50294896