October 19, 2005

英語で電話を受ける時

「もしもし、○○さんはいらっしゃいますか?」
「はい、私です。」

日本語で書くと当たり前の、電話でのこんな受け答え。
英語だったら、どのようになるでしょう?

 "Hello, is Mrs. ○○ there?" 
  もしもし、○○さんはいらっしゃいますか。
 "Yes, this is she." 
  はい、私です。

 "Hello, may I speak to Mr. or Mrs. ○○?"
  もしもし、○○氏か○○夫人はいらっしゃいますか。
 "This is Mrs. ○○."
  はい、私が○○夫人です。

直訳すると、奇異な感じがしますが、
こんな場面では、 Mr. Mrs. をつけて自分のことを呼ぶのは普通です。
私も、最初にこれを聞いた時は、びっくりしましたが・・・

最初の例の、"This is she." または "This is he."
慣れないとヘンな感じがしますね。
親しい相手には、 "It's me." もOKですが、両方覚えておいてください。

また、「〜はいらっしゃいますか。」も、
2番目の "May I speak to 〜?" の方が、ていねいに聞こえます。

 

 



 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50180171