September 19, 2005

月に住んでいるものは?

昨晩は、見事な中秋の名月を楽しむことができました。

月の表面に見える、黒い部分は、日本では昔から「餅をつくウサギ」
例えられてきましたが、
国によって、「大きなはさみの蟹」「女性の横顔」「ほえるライオン」など
様々な見方をされています。

「足元からもぞもぞと這ってくる、たくさんの虫」・・・なんていう
ちょっと気持ち悪いものも。。。
酔っ払って月を見ていた人が、発した言葉かもしれませんね。

英語では、「月」は moon ですが、
その形によって、

 ★三日月 crescent
 ★半月 half moon
 ★満月 full moon    となります。

おなじみの三日月形パン「クロワッサン」 croissant は、フランス語。

英語では「クゥワサーン(ト)」または「クレサーント」のような発音と
なりますので、オーダーする時にはご注意を。

月といえば・・・

  70年代のプログレの大御所、
        ピンク・フロイド「狂気」というアルバム・・・
                               
http://tinyurl.com/avn3j

オリジナルの英語のタイトルは、 "The Dark Side of The Moon" です。
聞いていると、怪しい気持ちになってくる、かなり危険なアルバムです。

家の子供たちも、その魔力に取りつかれてしまい、
友達にまで、それが伝染しつつあります。
健全な青少年たちを、病気にしてしまった。。。と反省しています。

地球からは絶対に見えない、太陽の光が当たらない部分、
何だか想像力をかき立てられますね。



 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50092547
この記事へのコメント
昔,「こちらブルームーン探偵社」というドラマがありましたね.
ブルース・ウィリスとシビル・シェパードの主演で,ドラマのおもしろさもさることながら,音楽がとてもしゃれていました.

ロンドンにいた時に実家から日本のテレビ番組のビデオを何度も送って来ました.その中にこのドラマもありましたが,ラベルに「こちらフルムーン探偵社」と書いてあって,中年夫婦の探偵ドラマかと思いました.JRで旅行中に事件が起きる...とか.
Posted by Globe at September 19, 2005 14:35
月に関する表現は、色々おもしろいものがありますね。

実は十五夜の夜、なかなか寝付かれませんでした。
夫も娘も、夜中に何度も目が覚めたそう。

友人の中にも、あまりに眠れないので、夜中に散歩したとか
4時ごろに目が覚めて、それっきり眠れなくなった・・・
などという人があまりにも多かったので、

これはきっと満月のせいだ、という結論に達しました。

昔から「狼男」の伝説もありますし、
英語で lunatic は「狂気の」という意味。
月の女神 Luna が悪さしているのかもしれません。
Posted by さくら at September 20, 2005 11:14