August 19, 2005

外国人に嫌われる音(3つのS) 

東京では、本当に色々な雑音に囲まれながら、毎日暮らしています。

どうも、日本人の方が音には鈍感みたい・・・
例えば、電車が発車する時の電子音、商店街でのアナウンス、
店で繰り返し流される大音量のBGMなどは、夫には耐えられないようです。

ところで、日本人が発する雑音の中で、これは絶対許せない!
と外国人に思われているものが3つあります。
偶然にも、どれも ”S” から始まるので、「嫌われSベスト3」
勝手に名付けました!

 ★ slurp ピチャピチャ、チュルチュル
 
    音をたてて食べる [飲む] こと。
    日本人が麺類を食べる時に出す音が代表的です。
    いかにもおいしそうに食べているように、私たちには聞こえても
    外国人と一緒の時は、気をつけましょう。

    日本暮らしが長い外国人の場合、マネしてわざわざ音を出す方も
    いらっしゃいますけどね。

 ★ smack パクパク、ピチャピチャ、プチュッ
 
    これも、ものを食べる時の音。
    (最後の「プチュッ」はキスする時の音で、これはOK・・・)
    
    ちゃんとお口を閉じないでものを噛むと、こんな音が出ます。
    子供たちの食事のしつけにも、夫は "No smacking!" と厳しかったです。
    混んだ電車の中などで、ガムをクチャクチャ音を立てながら
    噛んでいる人がよくいますが、とても bad manner です!

 ★ sniff フンフン

     鼻をすする時の音です。
     日本人は、人前で大きな音で鼻をかむより、何となく鼻をすすって
     はぐらかしておく方が良いのでは・・・と考えてしまいますが、
     この音が、結構気になってしまうそうです。
     ちゃんと鼻をかんでくれた方が、よっぽど良いそうです。
     
     そう言えば、ハンカチで鼻をかむ人が、外国人には多いですね。
     その点は、日本人には理解しがたいこと。。。
     
     本当に文化の違いっておもしろいです。
     
     



 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/50007661