August 09, 2005

ワンコとの暮らし

puppyメルマガに書きましたが、家にブラック・ラブラドールの子犬が、
突然迷い込んできました。
すっかり家が気に入ってしまった様子・・・
 
近所の人に聞いても、誰も知らないと言うので、誰かが捨てていったの
かもしれません・・・
 
私たちも時間が経てば経つほど、どんどん情が移ってしまい、
東京に連れて帰れないのがわかっているだけに、
これはヤバい!と思い始めていました。

里親を募集したところ、義妹の家で飼ってくれることになりました!
中学生と小学生の女の子が、子犬をすっかり気に入ってしまい、
急遽話が決まって、昨日涙のサヨナラをしました。。。
 
本当に性格も穏やかで、賢い子でした。
ちょうど2週間いました。
家にいる間は、バイリンガルに育てようと思っていました。
どうも「ダメ!」よりは No! の方によく反応していたようですが・・・
 
その他に、
 
 ★ Don't bite. 「噛んじゃダメ。」
 ★ Sit. 「お座り。」 
 ★ Come. 「おいで。」
 ★ Stay. 「待て。」「そこにいなさい。」
 ★ Fetch. 「取っておいで。」
 ★ Drop. 「(くわえているものを)落としなさい。」
 ★ Good boy! 「おりこうね。」などと、話しかけていました。
 
そうそう、今回は使いませんでしたが、
「お手。」のことは、Shake と言うそうです。犬と握手か・・・
 
どうもこちらの言っていることは、よくわかっていたようです。
言葉とともに、手の動作をつけた方が、よくわかってもらえる、
とも聞きました。
推定生後9週間位の可愛い盛りでした♪
庭に遊びに来てウンチを残していく、ガチョウの困ったちゃん家族を
追い払ったり、結構役にも立っていました。 
 
子犬が行ってしまった今、良いところに引き取られて本当に
良かったと思う反面、かわいい鳴き声や、私たちの姿を見ると
ちぎれんばかりに尻尾を振っていた様子を思い出し、
空の巣症候群empty-nest syndrome)の恐れが・・・


 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/29673118