May 25, 2005

ピンク映画

色のイメージは、英語と日本語でずい分違います。
日本では「ポルノ映画」を「ピンク映画」と言うことがありますが、
英語ではピンクには、不健康なイメージはありません。
 
それどころか、
 ★ in the pink  「とっても元気・健康」 のこと。
 
ただし、
 ★ pink elephants 「酒などによる幻覚症状」 なんていうのも・・・
 
     英語圏の人が酔っ払うと、ピンクの象が見えることに
     なっているのです。(?)
     あなたは、何が見えますか?
 
 ★ be tickled pink 「とてもうれしい」 
     喜びに頬を染めるイメージですね。
 
ちなみに、「ピンク映画」は英語では blue films です。
あちゃ〜っ!


 【理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック】
  パソコンやゲームで毎日目を酷使しがちです。
  レーシックなどを考える前に。
  

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/eigo37/23042630
この記事へのコメント
色の表現って面白いですよね〜!!

そうか、英語ではBLUEだったんですね。
知らなかった!!
勉強になりました。

ちなみに中国語では「黄色」がポルノに値するんじゃなかったかな?

お国によって様々!
間違って使うと時にはドキドキされちゃうかも??
Posted by kumiko at May 25, 2005 12:55
え〜っ、中国では「黄色」ですか。

世界各国の色のイメージの違いを調べてみたら、
おもしろいでしょうね。

そんなサイトがあるでしょうか・・・?
Posted by さくら at May 25, 2005 16:17
さくらさん、こんにちは。
子守中、よくお絵かきをするんですけど。
こないだ、64色のクレヨンを購入(ちょっとspoilt気味です…笑)
で、tickle me pinkて言うピンクがあって、「??」だったんですょね。
今日、解決しました。

あと…ロングバケーションで(…かんなり昔でうる覚えです)
天然ボケキャラの人に、ピンクのゾウさん…て、よく言ってたよぉな。
今日、解決しました。笑。
Posted by tomstinyworld at May 27, 2005 12:47
お悩み解決にお役に立てたようで、良かったです。
クレヨンの名前に使うなんて、センスのあるメーカーですね。

ピンクのゾウさん、って言ってましたっけ?
ロングバケーションのビデオがあるので、また見てみます!
Posted by さくら at May 27, 2005 16:52