January 30, 2006

英語でダジャレ!

「親父ギャグ」 はみんなの嫌われモノですが、英語にもこのような
ダジャレがたくさんあります。

先日友人が送ってくれた "Visual Puns"  というスライドショーが
なかなか笑えましたので、ご紹介します。
目で楽しむ英語のダジャレです。

 pun というのは、 「ダジャレ」「語呂合わせ」のこと・・・
「プン」ではなく、「パン」と読んでくださいね。 (^_^;)

家では特に "eggplant (なす) " "iPod" がウケました。

画面の上のお好きなところをクリックすると、次の画面に変わりますので、
お楽しみください。

もし、これ意味がわからないよ〜というものがありましたら、
コメントくださいね。

 

  

Posted by eigo37 at 11:07Comments(0)TrackBack(0)

January 12, 2006

dog を使ったおもしろい英語表現

 昨日に続いて、「犬」を使ったおもしろい英語表現です。

 ★ a/the hair of the dog (that bit one) 迎え酒
 
   狂犬病にかかった犬に噛み付かれた時に、その毛を取ってつけると
   傷が治るという迷信が語源です。
   
   年末年始は、忘年会や新年会でひどい二日酔いを味わった方も
   多いことと思います。
   
   そんな時の秘密兵器は「犬の毛」です!
   だからと言って、本当にペットのワンちゃんの毛を飲み込まないように・・・
   
   Have a hair of the dog that bit you. 
    迎え酒といこう。
    
    
 ★ The dog ate my homework. 犬が僕の宿題を食べちゃった。
 
   実際に使われているか、定かではありませんが
   宿題をしなかった時の、言い訳の定番とされています。
   
   子供たちはその他にも、ユニークな言い訳を
   色々と考えてくるので、

   "There's no 'The dog ate my homework' here."
    『犬が宿題を食べた。』なんて言い訳はダメですよ。
   
   ・・・と先手を打ったり・・・
   先生も大変です。
   
 

  
Posted by eigo37 at 11:58Comments(2)TrackBack(0)

January 11, 2006

dog-ear と doggy bag

 今年は戌年、 "the year of the dog" です。
 そこで、「犬」を使った語をご紹介しましょう。
 
 ★ dog-ear
 
  「(本の)ページの隅を折る」ことです。
  心に残ったページ、覚えておきたいページの端を、
  目印のために三角に折ると、ちょうど垂れ下がった犬の耳のように
  見えますね。

  耳が立っている犬もいるじゃないか、というツッコミはなしでね・・・

  私は、通販のカタログを見ている時に、よくやります。
 

 ★ doggy bag
 
  レストランなどで外食した時に、おいしかったけれど
  食べきれずに残してしまうことがありますね。
  特に、アメリカのレストランでの食事は、
  量がハンパではありませんので。
 
  そんな時に、家で残りを食べるから・・・と正直に言うのは、
  ちょっと恥ずかしかったりします。。。

  ひと昔前は、奥ゆかしい方がもっと多かったのでしょうね。
  「うちのワンちゃんにやるので・・・」と理由をつけて
  doggy bag という袋に入れてもらって持ち帰ったのが、始まりです。
 
  doggie bag と綴る場合もあります。
 
  今は直接 "Can I have a container for this?" などと
  「持ち帰り用の容器」をお願いすることも多いです。

  
Posted by eigo37 at 11:53Comments(0)TrackBack(0)