August 30, 2005

児童文学の名作タイトル、英語で言える?

小さい時から、本を読むのが大好きでした。
本屋に住みたい、と本気で思ったことも・・・

大学でも、実は児童文学を専攻していました。
大人になってから読む児童文学、子供の頃とはまた一味違った
楽しみ方ができました。

我が子にも、絵本の読み聞かせはずい分しました。
彼らが成長してしまった今でも、自分の楽しみのために、時々ひっくり返して
読んでいます。

定番の名作のタイトル、英語で言えますか?

 ★クマのプーさん Winnie-the-Pooh
 ★赤毛のアン Anne of Green Gables
 ★宝島 Treasure Island
 ★ジャックと豆の木 Jack and the Beanstalk
 ★白雪姫 Snow White and the Seven Dwarfs
 ★眠れる森の美女 The Sleeping Beauty
 ★赤ずきんちゃん Little Red Riding Hood
 ★シンデレラ Cinderella
 ★あしながおじさん Daddy-Long-Legs
 ★ふしぎの国のアリス Alice's Adventures in Wonderland
 ★星の王子さま The Little Prince
 ★はだかの王様 The Emperor's New Clothes
 ★オズの魔法使い The Wizard of Oz
 ★若草物語 Little Women
 ★ナルニア国物語 The Chronicles of Narnia
 ★人魚姫 The Little Mermaid
 ★マッチ売りの少女 The Little Match Girl


思いつくままに、順不同で並べてみました。いくつご存知でしたか?

  

Posted by eigo37 at 12:01Comments(3)TrackBack(0)

August 29, 2005

英語で「猫も杓子も」は?

日本語で、 「誰もかれも」のことを、 「猫も杓子も」と表現しますね。
「猫の手」と「杓子(しゃもじ)」の形が似ていることから、
両方を並べているのだそうです。

これもかなりおもしろい慣用句ですが、
英語にもお決まりの言い方があります。

  "every Tom, Dick and Harry" というのが、それ。

TomDick Harry もありふれた名前なので、
これといった特徴もない、ごく普通の人のことを表すのに使います。
男性名ばかり並んでいますが、女性に対して使うのもOKです。

日本の野球選手が、次々とメジャーリーグを目指すことに対し、
every Tom, Dick and Harry がアメリカへ」と批判されたことも
あったようです。

 "Amy invited every Tom, Dick and Harry to her party." 
   エイミーは誰もかれもを彼女のパーティーに呼んだ。

  ・・・のように使います。
 

  
Posted by eigo37 at 11:10Comments(5)TrackBack(1)

August 25, 2005

アメリカの食品成分表

アメリカでは、食品のラベルには「食品成分表」が載っています。
(生鮮食料品を除く)

英語では、Nutrition Facts と呼ばれます。
これを見れば、どんな栄養素が含まれているのかが、一目瞭然!
その割には、栄養バランスの極端に悪い方が多いのは、なぜなのでしょう・・・

まず、明記されているのが、

 ★ Serving Size これは、1回の食事での摂取量のことです。

 ★ Serving Per Container そのパッケージに含まれる総量を Serving Size
    割った数字です。
    全部で何回分に相当するのか、ここを見ればわかります。

以下は、Amount Per Serving 1回分のそれぞれの栄養素についてです。

 ★ Calories 1回分のカロリーが書いてあります。
 ★ Total Fat 総脂質
    そのうち Saturated Fat (飽和脂肪)はどれだけかも、書いてあります。
 ★ Cholesterol コレステロール
 ★ Sodium ナトリウム(塩分のこと)
 ★ Potassium カリウム
 ★ Total Carbohydrate 総炭水化物
    そのうち Dietary Fiber は食物繊維のこと、 
    Sugars は糖質です。
 ★ Protein たんぱく質
 ★ Vitamins & Minerals ビタミンとミネラル各種。
    「ビタミン」は、英語では「ヴァイタミン」と読みます。
    ミネラルについては、Calcium (カルシウム), Iron (鉄分)など
    さらに個別に書いてあります。

その他、%のついた数字が縦に並んでいますが、
これは、ある人が1日に2000カロリー摂取すると仮定した時、
それぞれの栄養素の何パーセントが
1 Serving Size (1回分の摂取量)に含まれるかを示す数字です。

輸入食料品のラベルを見て、ほ〜っ、こんな栄養素が入っているのか
と、ひとり納得するのも、うれしいかも・・・?

  
Posted by eigo37 at 11:20Comments(4)TrackBack(1)

August 24, 2005

手ぶらで来てね

パーティーなど、よその家に招待された時、
日本人はすぐに、手みやげは何にしようかなー、と考えてしまいますね。

アメリカ人は、もっと気楽に人を招待したりされたりしています。
私たちの家も、お客が多いです。
ご招待するというより、勝手に来ちゃう・・・
泊りがけで来る場合にも、それこそ身一つで来ちゃう人が多いです。

でも日本人としては、どこかにおじゃまする時は、花かワインか何か、
ちょこっと持っていきたいですよね。
 "What can I bring?"  とストレートに聞いちゃっても構わないと思います。
何かを持っていくと、かえって気をつかわせてしまって悪いかな、
なんて時もあるので・・・

そんな時によく返ってくる答がこれ。

   "Just bring yourself."

何も持ってきてくださらなくて結構、ただあなたが来てくださればうれしい。
という意味です。
暖かさ、気楽さにあふれたフレーズだと思います。

また、"What can I bring?" の中で使われている bring は、
聞き手のところに何かを持っていくという単語です。
「持っていく」だから take だと思ってしまう方が多いですが、
相手から見ると「持ってくる」なので、相手のいる場所を中心に考えるわけです。
 go come の関係に似ています。

 

  
Posted by eigo37 at 11:42Comments(2)TrackBack(0)

August 23, 2005

「ネガティブ」の色々な意味

「ネガティブ」と聞くと、たいていの日本人が思い浮かべるのは、
「否定的な」「消極的な」・・・などのニュアンスでしょう。

けれども、この語を暗い意味にだけに使っていては、片手落ちというものです!
それ以外にも、色々な場面で使われています。

 ★写真のネガ  デジカメの普及で、死語になりつつあるのでしょうか・・・
             これも negative です。日本人は省略しちゃってます。

 ★マイナス〜  負の数「−1」「−2」を、日本人は
            「マイナス1」、「マイナス2 」と読みますが、
            英語では minus~ と言うより、negative1, negative2
            言う方が一般的です。

 ★陰性  健康診断では、結果が「陽性」か「陰性」か、
        大いに気になるところですね。
        「陰性」を表すのにも、 negative を使います。

当然のことながら、negative の反対は、 positive ・・・
上記の例の反対の場合、つまり「写真の陽画」「正の数」「陽性」は
すべて、 positive と表します。

これであなたも、ネガティブ使いのプロですね!

  
Posted by eigo37 at 11:25Comments(0)TrackBack(0)

August 19, 2005

外国人に嫌われる音(3つのS) 

東京では、本当に色々な雑音に囲まれながら、毎日暮らしています。

どうも、日本人の方が音には鈍感みたい・・・
例えば、電車が発車する時の電子音、商店街でのアナウンス、
店で繰り返し流される大音量のBGMなどは、夫には耐えられないようです。

ところで、日本人が発する雑音の中で、これは絶対許せない!
と外国人に思われているものが3つあります。
偶然にも、どれも ”S” から始まるので、「嫌われSベスト3」
勝手に名付けました!

 ★ slurp ピチャピチャ、チュルチュル
 
    音をたてて食べる [飲む] こと。
    日本人が麺類を食べる時に出す音が代表的です。
    いかにもおいしそうに食べているように、私たちには聞こえても
    外国人と一緒の時は、気をつけましょう。

    日本暮らしが長い外国人の場合、マネしてわざわざ音を出す方も
    いらっしゃいますけどね。

 ★ smack パクパク、ピチャピチャ、プチュッ
 
    これも、ものを食べる時の音。
    (最後の「プチュッ」はキスする時の音で、これはOK・・・)
    
    ちゃんとお口を閉じないでものを噛むと、こんな音が出ます。
    子供たちの食事のしつけにも、夫は "No smacking!" と厳しかったです。
    混んだ電車の中などで、ガムをクチャクチャ音を立てながら
    噛んでいる人がよくいますが、とても bad manner です!

 ★ sniff フンフン

     鼻をすする時の音です。
     日本人は、人前で大きな音で鼻をかむより、何となく鼻をすすって
     はぐらかしておく方が良いのでは・・・と考えてしまいますが、
     この音が、結構気になってしまうそうです。
     ちゃんと鼻をかんでくれた方が、よっぽど良いそうです。
     
     そう言えば、ハンカチで鼻をかむ人が、外国人には多いですね。
     その点は、日本人には理解しがたいこと。。。
     
     本当に文化の違いっておもしろいです。
     
     

  
Posted by eigo37 at 12:19Comments(0)TrackBack(0)

August 18, 2005

寿司ネタは英語で?

アメリカ・ミネソタ州から、無事に日本に帰ってきて、まずは寿司屋に行きました!
あ〜懐かしい・・・目でも鼻でも舌でも、久しぶりに楽しみました。

湯飲みに、寿司ネタが英語で書いてあったので、ご紹介します。

 ★マグロ tuna             ★イクラ salmon roe
 ★トロ tuna belly / fatty tuna    ★イカ squid
 ★タイ sea bream           ★タコ octopus
 ★アジ horse mackerel       ★ホタテ scallop
 ★サバ mackerel           ★ウニ sea urchin
 ★カツオ bonito             ★穴子 conger eel / sea eel
 ★サケ salmon             ★アワビ abalone
 ★エビ shrimp             ★赤貝 red clam
 ★甘エビ sweet shrimp        ★数の子 herring roe
 ★シャコ mantis shrimp       ★タラコ cod roe

そう言えば、「トロ」ってマグロの脂身なんですよね。
英語で聞くと、いかにもコレステロールが高そうに聞こえます・・・

 

  
Posted by eigo37 at 10:40Comments(0)TrackBack(0)

August 11, 2005

アメリカで使っている単位

アメリカ暮らしでかなり困るのは、こちらで使われている単位が
メートル法(the metric system)でないことです。
長さ、重さ、温度・・・全て違う!!  
インチ、マイル、ポンド(発音はパウンド)、ガロン(発音はギャロン)、
といった単位に慣れなくては、何が何だかさっぱりわかりません。
 
どうして世界一の大国アメリカが、未だにメートル法でないのだ!!
以前、メートル法に変えよう、という動きは見られたようですが、
国民からの強固な反対にあったそうです。
 
車を運転していても、55マイルって速く走っている感じがしません。
本当は90キロ近いのだけどね。
国境を越えてカナダに入ると、キロで表示されるのでほっとします。
 
今日は涼しいね、70度しかない・・・って言われても涼しく聞こえない!
これは、華氏(Fahrenheit)で表しているせいです。 
摂氏(Centigrade)で言うと21度位なのですけどね。
 
体重が110ポンド?とんでもなくおデブに聞こえるじゃないですか!
本当は50キロ位ですよ〜
 
通販で何かを買う時も、いちいち頭の中で計算しないと
実際の大きさがイメージできなくて、大変です。
 
主婦として毎日料理をする身としては、
アメリカの新しいレシピにチャレンジして、レパートリーを増やしたく、
こちらの料理の本も買います。
そこに出ているのは、当然こちらの単位です。
料理のレシピを見るときも、電卓片手に・・・
早くなんとかして〜!
 
「マイル」については、参考になるこんなご意見をいただきました。
 
 フリーウェーを時速60マイル(96Km/h)で走ると、
 1分あたり1マイル。
 だから目的地まで10マイルの表示があると、あと10分で着くという
 大体の到着時間がわかる。
 ・・・だからアメリカ人は「マイル」に執着している、って聞きました。
 
むむむ・・・なるほど。そんな裏ワザがあったか。。。
これは、まさしく目からウロコでした。
 
アメリカで使われている単位を、メートル法と比較できる
こんなサイトを見つけました。
その他、洋服や靴のサイズ、時差もばっちりわかります。
             アメリカまめ知識
 
こちらに住んでいると、少しずつ慣れてくるものですが、
アメリカがメートル法を採用してくれる日を、待ち望んでいます!
  
Posted by eigo37 at 11:50Comments(6)TrackBack(0)

August 10, 2005

トウモロコシのお話

アメリカに初めて来た夏、トウモロコシを食べてびっくりしました。
 
トウモロコシといえば、子供の頃、母の田舎(栃木県)で、
畑から採れたての、甘くて濃い黄色のおいし〜いものをいただくのが、
とても楽しみでした。
その時は、塩だけをかけていただくのがお約束で、
他には一切、味付けなし。
 
最初の2列位は、歯でかじっても良いけれど、それによってできた
隙間から、あとは指でこそいでなるべくきれいに食べるように、
母から躾けられたものです。
子供だったせいもあるでしょうが、1度に1本だけいただきました。
 
けれども、アメリカ人と共にトウモロコシをいただいたら・・・
 
 バター、塩、こしょうをたっぷり。
 最初から最後まで歯でかじって、見た目も汚い。
 1度に3本位は平気で食べる。
 
・・・と、かなりカルチャー・ショックを受けました。
 
「トウモロコシ」は、 corn ですが、
同じスペルで「うおの目」という意味もあります。
こちらは食べたくないですね。
 
 corn に関する表現は、日本人には結構知られていないものがあるので
ご紹介します。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ an ear of corn 1本のトウモロコシ
    トウモロコシを数えるには、 ear を使うこと、知ってた?
    ear は、ここでは「耳」ではなく「穂」のことです。
    2本でしたら当然 two ears of corn となります。
 
 ★ husk(ハスク) トウモロコシの皮、または皮をむくこと
    他に shuck も「皮をむく」という意味があります。
    husky (ハスキー)という単語はよく知られていても、
    こちらはあまり一般的ではないですね。
 
 ★ cob(カブ) トウモロコシの穂軸
    食べ終わった後に残る、白くて硬い部分のことです。
    缶詰などではない、軸についたままのトウモロコシのことを
    corn on the cob と言います。
 
 ★ tassel  トウモロコシの先の方についているふさ(雄穂)
    飾りに使うふさのことを、日本でもタッセルと言いますね。
 
バターをつけて食べると、やたらと指が汚れるし、
カロリーも上昇するので、私はこちらでも塩だけ派です。
 
また、私の食べかすを見るときれいなので、
こちらの人はとてもびっくりします。
黄色い部分が、全然残っていないもんで・・・
アメリカのコーンの方が、日本のものより水っぽい感じがするので
きれいに食べるのは、結構むずかしいです。
ガツガツといただくのが、こちら琉のようです。
 
やっぱり時々、しょうゆをつけて香ばしく焼いた、
屋台などのトウモロコシも懐かしくなります。
う〜ん・・・食べたいな〜(T_T)
 
 
  
Posted by eigo37 at 11:28Comments(0)TrackBack(0)

August 09, 2005

ワンコとの暮らし

puppyメルマガに書きましたが、家にブラック・ラブラドールの子犬が、
突然迷い込んできました。
すっかり家が気に入ってしまった様子・・・
 
近所の人に聞いても、誰も知らないと言うので、誰かが捨てていったの
かもしれません・・・
 
私たちも時間が経てば経つほど、どんどん情が移ってしまい、
東京に連れて帰れないのがわかっているだけに、
これはヤバい!と思い始めていました。

里親を募集したところ、義妹の家で飼ってくれることになりました!
中学生と小学生の女の子が、子犬をすっかり気に入ってしまい、
急遽話が決まって、昨日涙のサヨナラをしました。。。
 
本当に性格も穏やかで、賢い子でした。
ちょうど2週間いました。
家にいる間は、バイリンガルに育てようと思っていました。
どうも「ダメ!」よりは No! の方によく反応していたようですが・・・
 
その他に、
 
 ★ Don't bite. 「噛んじゃダメ。」
 ★ Sit. 「お座り。」 
 ★ Come. 「おいで。」
 ★ Stay. 「待て。」「そこにいなさい。」
 ★ Fetch. 「取っておいで。」
 ★ Drop. 「(くわえているものを)落としなさい。」
 ★ Good boy! 「おりこうね。」などと、話しかけていました。
 
そうそう、今回は使いませんでしたが、
「お手。」のことは、Shake と言うそうです。犬と握手か・・・
 
どうもこちらの言っていることは、よくわかっていたようです。
言葉とともに、手の動作をつけた方が、よくわかってもらえる、
とも聞きました。
推定生後9週間位の可愛い盛りでした♪
庭に遊びに来てウンチを残していく、ガチョウの困ったちゃん家族を
追い払ったり、結構役にも立っていました。 
 
子犬が行ってしまった今、良いところに引き取られて本当に
良かったと思う反面、かわいい鳴き声や、私たちの姿を見ると
ちぎれんばかりに尻尾を振っていた様子を思い出し、
空の巣症候群empty-nest syndrome)の恐れが・・・
  
Posted by eigo37 at 10:39Comments(0)TrackBack(0)