June 30, 2005

耳がダンボ

「耳」をテーマに、ちょっとおもしろい表現をご紹介します。
 
誰かのウワサ話など、何か興味をそそられるような話が
聞こえてきた時などに、一心に耳を傾けることを、
「耳がダンボになる」と言いますね。
 
これにぴったりな英語は・・・?
 
 ★耳がダンボ I'm all ears.
 
    全身が耳です。
    いかにも熱心に聞いている感じがしますね。
    
    誰かが話している時に、
    「大丈夫、ちゃんと聞いてますよ。」という意味で使ったり、
    誰かが、何かおもしろそうなことを話し始めるそぶりを
    見せた時にこう言って、
    「さあ話してよ。」と促すのにも使えます。
 
では、日本のことわざになっている、「壁に耳あり」は・・・?
 
 ★壁に耳あり Walls have ears.
 
    うわぉ〜!日本語とまるっきり同じです。
    
    古代ギリシャのお話で、宮殿の部屋を仕切る壁に穴をあけ、
    秘密の話を盗み聞きしたという故事が由来だそうです。
 
    さて、このことわざの後半「障子に目あり」は、
    何と訳しましょうね・・・
 
  

Posted by eigo37 at 10:40Comments(0)TrackBack(0)

June 29, 2005

英語でホワイトアウトって?

「ホワイトアウト」と言えば、織田祐二主演の映画のタイトルです。
黒部ダムがテロリストに占拠されてしまう、アクション映画です。
 
この、「ホワイトアウト」は、猛吹雪のため、あたり一面が
真っ白にしか見えなくなり、凸凹感もわからず、
方向感覚、距離感覚も不明になる現象を表します。
 
(あ〜、何て季節感のないブログなのでしょう・・・)
 
某通販サイトでは、色白になるためのコスメとして、
「ホワイトアウト」という製品が、売られていたりもします。
 
(これも、なかなかいいネーミング・・・)
 
でも、もう1つぜひ覚えておいていただきたいのが、
「ホワイトアウト」とは、「修正液」のこと。
字を間違えてしまった時に訂正に使う、そう、アレです!
 
(知らなかった方、多いでしょ!?)
 
 Whiteout 、または White-out とハイフンを入れることもあります。
 
実は、 "Wite-out" (スペルが微妙に違う点に注意しましょう。)
という商標名の修正液があるのです。
 
アメリカ人は「セロテープ」のことも、 "Scotch tape" と商標名で
呼びますので、一緒に覚えておくと便利!
 
  
Posted by eigo37 at 11:09Comments(5)TrackBack(2)

June 28, 2005

OKの言い方

「いいよ」と英語で言う時、
一番ポピュラーなのは、"OK." ですが、
その他にも色々な言い方があります。
 
夫と付き合い始めた頃、「今のはなんじゃあ?」と聞き取れなかったのが、
"Okey-dokey." (オゥキードウキー)のひとこと。
この変形で、 "Okey-doke." (オゥキードウク)というのもあります。
 
「大きい何とかと日本語で言ってるのかしら・・・」とか
「置時計がどうかした?」とか悩みましたね。
 
どちらも、 "Okay." と同じ意味で、それを調子良く言っているわけです。
「合点承知!」「あいよ!」といったところでしょうか。
 
その他、 "Gotcha." (ガッチャ)は、 "I got you." の変形で、
「わかったよ。」
これも、ガッチャマンの親戚かと思いました。
 
"All righty." (オールライティ)は "All right." の変形で、
「いいよ。」のことです。
 
どれも、カジュアルな言い方なので、目上の方には使わないように。
  
Posted by eigo37 at 10:06Comments(0)TrackBack(0)

June 23, 2005

英語の女性言葉

うちの息子が幼稚園に入る前、ちょっと困った問題がありました。
 
というのは、夫は英語しか話せませんので、息子が耳にする日本語の
ほとんどは、私が話しかける言葉。
で、気がついたら、おねえ言葉っぽくなってしまったのです。
 
「おいしいわ」とか、「いやよ」とか・・・
本当に子供は、まねっこの天才です。
と、感心してばかりもいられなく、さっさと公園デビューしました。
すぐに近所の男の子達から、ちゃんと男の子言葉を覚え、
一件落着!
 
 
ところで、英語には日本語ほど「男言葉」「女言葉」といった
区別がありません。
 
原書で何かの物語を読んでいると、
男性の台詞なのか女性の台詞なのか、判断がむずかしい時が
あります。
日本の小説だと、とてもわかりやすいですね。
日本語の便利な点だと思います。
これを勉強する外国人にとっては、難関の1つですけど。
 
それでも、女性はよく使うけれど、男性が使うと変に聞こえる
フレーズがあります。
へたすると、ホモとまちがえられちゃうかも・・・?
 
 ★ I'd love to. 喜んで。
    
    お招きを受けた時、何かに誘われた時の答え方です。
    女性がこう言うと、優雅な感じに聞こえますが、
    普通、男性はあまり使いません。
 
 ★ My goodness! あらまあ、どうしましょう!
 
    男性は、Oh, my God! と言うところですね。
    本当は神の名をやたらと口にしてはいけない、とされるので
    その婉曲表現 Oh, my gosh! でしたら、男女とも使えます。
 
 ★ How lovely!  何てきれいなの!
 
    これも、女性的な言い方です。
 
 ★ What should I do? まあ、どうしましょう。
  
    男性たるもの、迷ってないでさっさと判断しなくちゃ!
    どうしても迷っている男性は、
    What am I going to do? なら使ってもOKです。
 
逆に最近は、平気で4文字言葉を口する女性が増えているので、
そちらの方が問題かもしれません。
 
 
  
Posted by eigo37 at 12:04Comments(5)TrackBack(0)

June 22, 2005

yesterday のおもしろい使い方

日本語で、「おととい来やがれ!」という
文法的にはわけのわからない言い方がありますね。
日本語を勉強している外国人が聞いても、
それが「もう来るな」の意味だとは、決してわからないでしょう。
 
英語でも、こんな表現があります。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ I need it yesterday. 
    大至急必要なの。
 
    needed と過去形になっていないので、知らないと
    本当に何のことだかわかりません。
    大げさにユーモラスに言っています。
 
 ★ I wasn't born yesterday. 
    私はそんな世間知らずじゃないですよ。
 
    昨日生まれたわけではないので、そんなことわかってます、
    と言いたい時に・・・
 
    わかりきったことをくどくど言う人や、よけいな忠告をしてくる
    人に向かって。
    または、「こんなこと簡単にできます。」
    「そんなことは百も承知です。」 という自信を相手に伝える 
    ために、使えます。   
 
 
    
  
Posted by eigo37 at 10:19Comments(0)TrackBack(0)

June 21, 2005

作曲家の名前

私は音楽がないと生きていけない人間です。
 
好きな音楽の幅も、クラシックからジャズまで幅広く
(節操もなくというか・・・)いつも何か聴いています。
 
今日は特にクラシックの作曲家に焦点を当てます。
英語だと、ちょっと発音の違う名前の方がいらっしゃいます。
 
あっ、そうそう。
「クラシック」は英語では classical music  と言いますので、
これも覚えましょう!classic ではないです。
 
 ★バッハ Bach アメリカ人は「バク」と発音します。
            (少しのばして「バーク」という感じ)
            最初に聞いた時はびっくりしました。
        
 ★ショパン Chopin 「ショウパン」となり、「パ」は applea と同じ
              「ア」と「エ」の中間の音。
 
 ★ラベル Ravel 日本人は「ラ」にアクセントをつけていますが、
            「ヴェ」を強く。r、v、l、と日本人が不得意な音の
            フルコースです・・・
 
 ★ラフマニノフ Rachmaninoff 「ラクマニノフ」となります。
                    「バッハ」が「バク」になるのと
                    同じですね。
 
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 10:44Comments(5)TrackBack(1)

June 16, 2005

靴文化

外国の映画やドラマを見ると、外国人は家の中でも
いつも靴を履いている、というイメージがあります。
 
やっと脱ぐのは、ベッドに横になる時だけ・・・?
私たちには、何だか窮屈そうに見える習慣です。
 
けれども、最初に夫の故郷、アメリカ・ミネソタ州に行った時、
その常識はくつがえされました。
 
 ほとんどの家では、みんな玄関で靴を脱いでいる・・・!!
 
日本の「玄関」にあたるものはなく、外から入ったところは
広いリビングルームの一部だったり、キッチンだったりする
家もあります。
・・・が、とにかく家族も来客も、そこで靴を脱いでいます。
 
 Thank you for taking off your shoes here.
  ここで靴を脱いでくださることを感謝します。
 
というサインが、壁に貼ってある家まであります。
 
その理由は、
 
 ・公道は舗装されていても、私道は舗装なしの所もある。
  (田舎なので)
  雨でも降れば、泥道になってしまう。
 ・冬は雪が多いので、靴についた雪が解けてしまう。
 
などのせいで、「家の中が汚れてしまうから」ですが、
一番多いのは、「その方がゆっくりできるから」でした。
 
な〜んだ、日本人と同じじゃん!
 
というわけで、都会ではまた事情が違うと思いますが、
アメリカでも、家の中では靴を脱いでリラックスする人が、
意外と多いのです。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
ところで、さすが靴文化の長い西洋には、
「靴」にまつわるこんな表現があります。
 
 ★もし私があなたの立場だったら if I were in your shoes,
 
  「仮定法過去」、現在の事実に反する仮定を表します。
  
  「もし私があなたの靴を履いているとすれば」
  と表現するなんて、
  日本人にはない発想で、おもしろいですね!
  
Posted by eigo37 at 10:32Comments(6)TrackBack(0)

June 15, 2005

円周率

今日は、いつもより高尚に(?)数学に関する話題を・・・
 
円周率パイは、英語でも(Pi)。同じ発音です。
この円周率は、ご存知のように、3.14・・・・・とずうっと続きますが、
その覚え方には、皆さん苦労しています。
 
日本で有名なのは、「産医師異国に向こう、産後厄なく、・・・」
というものですね。
英語でも、語呂合わせ的な覚え方があるのは、ご存知ですか。
 
  May I have a large container of coffee?
   大きな入れ物に入ったコーヒーをいただけますか。
 
というのが、そうです。
 
  ・・・・・・・えっ・・・・・・・?
 
それぞれの単語を構成している、アルファベットの数に注目
 
May は3文字、I は1文字、have は4文字・・・というように見ていくと
ちゃんと、3.1415926・・・の円周率と一致していますね!
 
これと同じようなものを、あと2つご紹介します。
 
  Can  I  find a trick recalling pi easily? 
   簡単にパイを思い出せるようなトリックがみつかるでしょうか。
  
  How I wish I could calcurate pi!
   円周率が計算できればどんなにいいかしら!
  
皆さんのお好みは、どれですか。
   
  
  
Posted by eigo37 at 09:23Comments(4)TrackBack(0)

June 14, 2005

I'm sorry の意味

多分、多くの方は
 I'm sorry = すみません。と記憶していらっしゃるのでは・・・?
もちろん、これも正解ですが、それだけでは、片手落ちというものです。
 
 sorry という形容詞には、「すまないと思っている」の他に、
「気の毒に思っている」「残念に思っている」などの意味があります。
 
       ∵*☆∵*☆∴
 
 ★ I'm really  sorry to hear that. 「本当にお気の毒に思います。」
    誰かの不幸を聞いた時などに。
    
    どなたかが亡くなった時には、
    I'm sorry for your loss. 「お悔やみ申し上げます。」など。
    日本でも葬式の時、「このたびはどうも・・・」と口を濁す
    しかない時がありますが、同じように I'm sorry...
    だけ言っても、気持ちは伝わります。
    
    I really feel sorry for you. と言うこともできます。
 
 ★ I'm sorry I haven't kept up my violin lessons.
    「私は、バイオリンのレッスンを続けなかったことを
     残念に思います。」
 
 ★ You'll be sorry. 「今に見てろ」「覚えてろ」
    あなたは今に後悔するでしょう、の意味。
    捨て台詞に使えます。
 
 ★ Sorry? 「もう一度おっしゃっていただけますか。」
    相手の言ったことが聞き取れなかった時の
    簡単な言い方がこれ。 最後は上げます。
 
  
Posted by eigo37 at 11:02Comments(0)TrackBack(0)

June 09, 2005

ジューン・ブライド

ヨーロッパでは、ジューン・ブライド(6月の花嫁は幸せになれる)の
言い伝えがあります。
 
日本では梅雨の季節ですが、あちらではカラリとした結婚式日和が
多いのも、その理由のひとつらしいです。
 
そこで今日は、「結婚」に関係ある表現を、た〜くさん覚えましょう!
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★本命の人 the right one [man、woman]
 ★理想の人 Mr. Right / dream girl
 ★結婚の申し込み wedding proposal
 ★恋愛結婚 love marriage / marriage for love
 ★見合い結婚 arranged marriage
    見合い結婚する marry through a go-between
 ★職場結婚 marriage between co-wokers
 ★玉の輿に乗る marry a man of wealth
            marry into a wealthy family
 ★玉の輿ねらい gold digger 「金鉱掘り」という意味ですね。
 ★金持ちと結婚する marry money
    若い女性にデレデレの金持ち(で、スケベな?)親父は、
    sugar daddy と呼ばれます。
 ★できちゃった婚 shotgun wedding
    父親が相手の男の頭にガンを突きつけて、
    娘の結婚を迫ることから
 ★マスオさん(入り婿)になる marry into one's wife's family 
 ★花嫁 bride   ★花婿 groom / bridegroom
 ★配偶者 spouce
 ★結婚式 wedding (ceremony)
 ★結婚披露宴 wedding reception
 ★仲人 go-between / matchmaker
 ★持参金 marriage portion
 ★新婚ホヤホヤの(人) newlywed(s)
 ★旧姓 maiden name
 ★舅 father-in-law   ★姑 mother-in-law
 ★小舅、小姑 brother [sister] -in-law
    結婚相手の家族を全部まとめて、in-laws と呼びます。
 ★結婚記念日 wedding anniversary
 
ふ〜〜、思いつくままに、たくさん書いてしまいました!
代表的なものを書きとめたので、この他の表現も
色々あると思います。
 
もし、6月に結婚式の予定がある方がいらしたら、どうぞお幸せに!
 
 
  
Posted by eigo37 at 10:33Comments(6)TrackBack(1)