April 28, 2005

Oh, my God!

驚いた時のひとことで、日本人にもよく知られているのは、
  ワオー! Wow! 
これは、そのまま使って全然問題ありません。
 
その他には、  
  オー・マイ・ゴッド! (オーマイガー!のように聞こえる)
  Oh, my God! でしょう。
 
こちらは、以下の理由から、まねしない方が良い表現です。
子供が口にしているのを聞いた時は、たいていの親は注意を
与えます。
 
 ・神の名をやたらと口にするのは、神への冒涜とされている。
 ・人種のるつぼであるアメリカでは、宗教も多種多様なものが
  信じられているため、考慮しなければならない。
 
そこで、婉曲な言い方である、Oh, my gosh ! なら、OKとされています。
同じように、Jesus Christ!Jesus! も、「何てこった!」という意味で
使われますが、NGです。
こちらも、婉曲表現の Jeez! に置き換えられます。
 
その他、びっくりした時のネイティブのひとことを、7連発で・・・
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ Holy cow!       「神聖なる牛」?
 ★ Holy shit!       「〜ウンチ」?
      映画のセリフでよく出てきますが、下品なので、よい子の
      みんなはまねしちゃだめよ。
 ★ Holy moly!       意味不明・・・韻をふんでいるのかな?
 ★ Holy smoke(s)!    「〜煙」?
 ★ Holy bukets!     「〜バケツ」?
       「穴の開いた」という 意味の holey と掛詞になっている
      という説もありますが・・・
 ★ Holy mackerel!    「〜鯖(サバ)」?
 ★ Holy guacamole!   「〜グァカモーレ」?
      メキシコ料理に使う、アボカドをつぶしてスパイスを
      色々混ぜたもの。日本では「ワカモレ」と言うことも・・・
 
・・・と、日本人にはとうてい訳のわかんないのばっかりです。(^_^;)
 Holy は、元々は「聖なる」ですが、口語で「実にひどい」を表します。
ですから、上にあげた表現はみな驚き、恐れ、怒りや困惑を
表します。
あまりにもすばらしいことが起こった時にも、使いますけどね。
その時の状況によって、「おやまあ」「まさか」「何てこった」「うっそ〜」
といったニュアンスになります。
 
映画を見ている時、注意して聞いてみると、色々出てきますから、
皆さんも、サバやバケツを探して、「ムフフ、知ってるもんね。」
と、1人ほくそ笑んでください。
 
 
  

Posted by eigo37 at 11:36Comments(0)TrackBack(0)

April 27, 2005

サプライズ・パーティー

日本では、小さい子供には気合を入れて誕生会を企画する
親が多いですが、
大人になると、あまり盛大に祝うことはなくなってしまいますね。
 
その点アメリカ人の方が、いくつになってもはりきって、
家族や友人の誕生日を祝います。
特に40才、50才の節目の年には、それ用の「あんたももう年だねえ」
グッズが色々と売られています。
ロゴ入りTシャツとか、紙皿、紙袋も豊富ですので、盛大にお祝いする
にはもってこい・・・
 
その他、結婚25周年、50周年も、それぞれ
 
  silver wedding anniversary (銀婚式)、
  golden wedding anniversary (金婚式)と呼ばれ、
 
一族郎党、知人が集まって盛大なお祝いをすることが多いです。
 
そして、これらのパーティーの計画は、本人(達)には内緒で
進めらることがあります。
これは、surprise party (サプライズ・パーティー)呼ばれます。
当日、本人が家に帰ってきたところで、
隠れていた参加者が姿を現し、
 
     サプラ〜〜イズ!!!
 
と、クラッカーを打ち鳴らしたりします。
参加者が変装してくることもしばしば・・・また、プレゼントも笑いを
誘うような工夫を凝らしたものが、多いです。
 
数年前、夫の末の妹が40才になった時にも、彼女のご主人と
前々から綿密な計画を立て、みんなで思いつく限りの怪しい格好で
行って準備をし、外出していた彼女を驚かすことに大成功!!
 
料理も持ち寄りで、そんなに凝ったものはなくても
とても心に残る、楽しいパーティーとなりました。
プレゼントも、杖とか老眼鏡とか・・・ 
 
いくつになっても遊び心を失わず、子供っぽさを持った、
アメリカ人のこんなところが大好きです。
 
 
  
Posted by eigo37 at 10:44Comments(0)TrackBack(0)

April 26, 2005

世界一長い英単語

世界一長い英単語って何でしょう?
 
  答は、smiles. 
 
えっ、どうして?
なぜなら、最初の s と、最後の s の間に
マイル(1マイルは約1.6km)もあるからです。
 
今のは、有名な英語のなぞなぞでしたが、お次は真面目に・・・
 
  pneumonoultramicroscopicsilicovolcanoconiosis
 
というのが、答です。何と45字もあります。  (◎o◎;)
日本語にすると、「塵肺症」と、たったの3文字。
漢字って便利ですね。聞いたことない言葉でも、
見れば大体の意味が、想像つきます。
 
日常生活には、関係ない単語ですが、どうしても読み方を
知りたい、という方のために、バラバラにしてみました。
 
  pneumono・ultra・micro・scopic・silico・volcano・coniosis
     ニューモノ・アルトゥラ・マイクロ・スカピック・
   スィリカ・ヴァルケイノウ・コウニオウセス
 
わかりやすくなったかな?
ついでに、これに関係ある語も覚えちゃいましょう。
 
 ★ 肺炎 pneumonia(ニューモウニア)
 ★ 過度の ultraルトゥラ) アクセントは「ア」
        ウルトラマンの「ウルトラ」も、このスペルと発音。
 ★ 顕微鏡 microscopeイクロスコウプ)
 ★ 微細な microscopic
 ★ 無水ケイ酸 silicaスィリカ) 
        乾燥剤のシリカゲルは、
        英語で silica gelスィリカ・ジェル)
 ★ ケイ素、シリコン siliconスィリコン)
 ★ 火山 volcano(ヴァルイノウ)
        爆発しそうな状態なので、
        この語が含まれているのでしょうかね。
 ★ 塵肺(病) coniosis(コウニウセス)
        要するに、このひとことでもよさそう・・・
 
とんでもなく長〜い単語ですが、
バラしてみると、意外とおなじみの語が含まれていて、
少しお近づきになれた気がしますね!
  
 
 
 
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 11:19Comments(2)TrackBack(1)

April 25, 2005

I と me の使い方

家の娘が小学生の頃、度々パパに違〜う!と
直されていた言い方をご紹介します。
 
ネイティブでも、結構文法的に間違った言い方をしていることが
あるものです。
 
日本でも、「食べれる」「見れる」など、さんざん識者からおかしい!
と指摘されているのに、使う人が増えてしまい、許容されるように
なってきた言い方がありますね。
言葉は生き物。時代と共に、変わっていくのは仕方のないことかも
しれませんが、やはり正しい使い方を覚えておきましょう。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ マイクは僕より背が高い。 
    (正)Mike is taller than I.
    (誤)Mike is taller than me.
 
     Mike is taller than (how tall) I (am). のことですから、
     正しいのは上!
     でも、下の言い方をしてしまう子、かなり多いです。
 
 ★ ジェーンと私は買い物に行った。
    (正)Jane and I went shopping. 
    (誤)Me and Jane went shopping.
 
     「自分」のことは、後に表すのが普通。
     Me から始めないし・・・
     上と同じように Jane and me 〜 と言ってしまう子も
     多いですが、それもバツ!
 
娘はどうも「自分」を先に持ってくる傾向がありました。
自己チュー女だったのかな?
意外と日本人の方が文法に強くて、上記のような間違いは
しないのかもしれませんね。(もっと謙虚だし・・・)
 
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 11:02Comments(5)TrackBack(0)

April 21, 2005

リスニングのツボ

日本人がごく普通に学校で習う英語と、ネイティブの話す英語。
発音もリズムも全然違いますね。
 
難解な単語をたくさん知っている方でも、
文法は完璧!という方でも、幼児が話す英語が
全然聞き取れなかったりします。
 
聞く、話すが不得意な方は、とにかく慣れることです。
小さい頃に英語に触れる機会がなかったから、と
最初からあきらめる必要は、全くありません。
 
リスニング向上にも、一定のお約束事がありますので、
それをひとつずつ攻略していくことにしましょう!
 
リスニングが上達するにつれ、自分が話す時にも
ネイティブに近いスピーキングができるようになってきます。
 
       ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
 ★単語によって、語尾、語頭の音がほとんど消え、
   前後の子音、母音がつながってしまうことがあります。
   
   must havewasn't a の二つの例で説明します。
 
   must have では h の音が消えて、「マスタヴ」となることが
   あります。省略形で must've と表記することもあるくらいです
   ので、その表記通りの発音になるわけです。
   もっと早口の人は、最後の ve も、歯を下唇の位置に持っては
   くるものの、ほとんどその音は出していません。
   ビミョーな間があるだけです・・・
 
   wasn't a も 日本人のように「ワズント ア」とひとつずつはっきり
   切って言うことは、まずありません。
   ゆっくり目に話していても、「ワズンタ」
   または 't が消えてしまい、ほとんど「ワズナ」という感じ・・・
   t は、省略されてしまうことの多い、かわいそうな音なのです。
 
洋画を見る時など、この辺に注意してセリフを聞いてみてくださいね。
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 10:26Comments(0)TrackBack(0)

April 20, 2005

噛みつくぞ

昨日に続き、今日はサディストのセリフを・・・
な〜んてウソウソ。「噛みつくぞ」ではありません。
 
これも、簡単なのに知らないとわけがわからない表現です。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ I'll bite.   何だかわからないけどおもしろそうだから
            答を教えて。
 
    魚釣りを思い出してください。
    おいしそうなエサにひかれた魚が、つい引っかかってしまう
    ように、相手が何気なく言った話に興味を持った時、
    「何なの、教えて。」と次の言葉を引き出すために使います。
 
    A: Do you remember our classmate Bob?
      He was a kind of nerd.
      Guess what he is doing now.
    B: I'll bite.
    A: He's a racer.
    B: No way!
 
      A: クラスメートのボブを覚えてる?
        ガリ勉タイプだったヤツだよ。
        今あいつが何やってるかあててごらん。
      B: 何よ、教えてよ。
      A: レーサーだってさ。
      B: まさか!
 
 
 
 
    
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 10:03Comments(0)TrackBack(0)

April 19, 2005

私をぶって

突然の怪しいタイトル、失礼・・・
 
次のフレーズを聞いて、この人マゾ?と誤解した人がいたので
正解をお知らせします。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ Beats me.   さっぱりわかりません。知るもんか。
             お手上げです。 Ψ(・O・)Ψ
 
     これは、It beats me.It が略された形です。
     相手の質問に対し、答がどうしても見つからない時などに
     使います。
     
     確かに日本人には理解しにくい表現ですね。
     
     beat には、「人を困惑させる、閉口させる」という意味も
     あるのです。
       This problem beats me.  この問題には参ったよ。   
 
 
     なお、マゾっ気のある人が、ちゃんと「私をぶって」と
     言いたい時は、Beat me. と言わないと真意が伝わりません。
     私はその世界の住人ではないので、それ以上ディープな
     表現は、その道の達人にお任せします・・・
 
  
Posted by eigo37 at 10:55Comments(0)TrackBack(0)

April 18, 2005

West Side Story

先週末は、都内のインターナショナル・スクール3校から
オーディションで選ばれた生徒が出演のミュージカル、
 West Side Story を見に行きました。
 
衣装も本場ハリウッドから借りたもので、かなり本格的でした。
かつて、あのジョン・健・ヌッツォも立ったステージです。
  (と言っても体育館の舞台・・・)
彼の歌声は、当時からピカ一で、注目されていたようです。
 
オーケストラもハイスクールの生徒たちです。
数年前に West Side Story を演じた時は、家の息子もオーケストラの
一員として協力したので、なつかしかったです。
 
 
幼稚園の頃から知っている、我が家の子供たちの友人も
何人も出演しました。
ステージで堂々と歌い踊る姿は、本当にウルウル・・・
高校生とは思えないほど、自信に満ち溢れた様子でした。
 
その一方、ベルナルド役だった、
元ジャニーズ・ジュニアにいたという、Jクンにもしっかり注目。
ダンスのすばらしさは、さすが!!
キムタクもまっつぁおの、息を呑むほどのステキさ(?)に、
しっかりとミーハーしていた母でした
 
セリフは英語、一部はスペイン語でした。
マリア役だった子は、娘の親友ですが、お母さんがコロンビアの
方なので、スペイン語もバッチリでした。
きれいだったわよ。Eちゃん・・・
 
トニー役は某女優の息子さんで、幼稚園の頃から知ってる子。
やはり、お母さん譲りのステージ度胸でしょうか。
さすがでした・・・
 
ベルナルドの彼女、アニタ役の子も、小さい頃は同じマンションに
住んでいたので、その美しさと優雅さに、
あの子がこんなにお姉さんになって・・・と、ため息でした。
 
皆勉強などで忙しいのに、連日夜遅くまで学校に残っての
練習でした。
ここから生まれた連帯感、というのはとても強く、
生涯絶対に忘れることはないでしょう。
 
出演者も、裏方として頑張ったクルーも、衣装の調整や
メイクアップに協力したお母さん達も、みんなが輝いていた
夜でした!!
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 11:07Comments(0)TrackBack(0)

April 14, 2005

くたばれ!

英語には、ちょっとした違いで、
全く意味が違ってしまう表現が、色々あります。
片方はとても親切な人、片方はとんでもなく失礼な人に
なってしまう、次の言い方を見てみましょう。
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
 ★ give 〜 a hand   手伝う
     Mark gave me a hand with my homework yesterday.
      マークは昨日、私の宿題を手伝ってくれた。
 
    日本語で「手を貸す」と言うのと、同じニュアンスですね。
 
これが、ちょっと変わると、とんでもない意味になってしまいます!
 
 ★ give 〜 the finger   中指を立てる(くたばれと言う)
     The guy gave me the finger as he passed me.
      ヤツは、追い越しざまに、私に中指を立てた。
 
    アメリカのスラング。
    誰かに中指を立てて見せるのは、"Fuck you!"
    (くたばっちまえ!、くそくらえ!)という意味。
    おっと失礼・・・
    この頃、日本人でも
    このジェスチャーを知っている方が多いですね。
    
    映画などでも見られるので、まねする人もいますが、
    見ず知らずの人に向かっては、絶対にしないように・・・
    最悪の場合、そのまま相手にズドーンとやられてしまう
    可能性だってあります。
 
    この場合、finger には a ではなく、
    必ず the をつけるのがポイント。
    立てるのは中指に決まっているからです。
 
    余談ですが、
    日本では「彼女」「女性」を意味する、小指を立てる動作が、
    インドでは「トイレに行きたいよ〜」
    タイでは「怒っちゃいや〜ん」になってしまうそう。
 
 handfinger を間違うと、
普通は、この人勘違いしてるのね、と笑われるだけでしょうが、
気をつけなくちゃ・・・
  
Posted by eigo37 at 10:15Comments(0)TrackBack(0)

April 13, 2005

fast あれこれ

 fast は「速い」という意味、これはどなたもご存知ですね。
他にも意外な意味があります。
次の小咄をどうぞ・・・
 
       ∵*☆∴∵*☆∴
 
  やせすぎさんと、太りすぎさんは、大の親友。
  ある日二人一緒に写した写真を見て、どちらからともなく
  このままじゃヤバいぜ、ということになりました。
   
  二人が、インターネットで調べて探し出したのは、
  ある高名なお医者さん。
  さっそく予約を取り、診察してもらうことになりました。
 
   診察の日がやってきました・・・
 
  
  まずは、さんの番。
  医者はさんの体をくまなく診察し、最後に食生活について
  アドバイスしました。
    "You must not eat fast."
 
 
  お次はさんの番。
  医者はさんの体をくまなく診察し、最後に食生活について
  アドバイスしました。
    "You must not eat. Fast."
 
 
さんが言われたのは、「早食いしてはいけませんよ。」でした。
そして、さんが言われたのは、
「食べてはいけません。断食しなさい。」でした。
 
 fast には「断食する」という意味があるのですね。
 breakfast(朝食)という単語は、これが由来です。
 break(中断する)+fast(断食)と考えれば、わかりやすいですね。
 
眠っている間に食べられる、器用な人はいないでしょうから・・・
  
Posted by eigo37 at 09:16Comments(0)TrackBack(0)