March 24, 2005

レッド・レイクの高校生銃乱射事件

先日、ミネソタ州北部の
 Indian Reservationインディアン居留地)で起こった
高校生による銃乱射事件が、日本のメディアでも報道されました。
犯人は、自分の祖父母、学生、教師、警備員を殺害し、
最後に自殺してしまいました。
 
 Red Lake (レッド・レイク) という所が、舞台になったのですが、
ここは私たちのサマー・ハウスがある小さな町から、
車でほんの30分位の所にあります。
事件の舞台となった高校には、知り合いの1人が教師として
派遣されていますので、この事件は他人事とは思えませんでした。
 
インディアンの居留地は、ここだけでなく色々な所にあるのですが、
どこも様々な問題をかかえています。
 
働かなくても、一応住む所と生活費がアメリカ政府から
支給されるため、多くのインディアンは、
まともな職に就こうとはせず、昼間からお酒を飲み、
ギャンブルに溺れ、けんかをし、家のあちこちがこわれても、
そのまま放っておくような生活です。
 
日本のように教育熱心な親もいなくて、子供のアル中が、
深刻な問題になっているような所なのです。
 
先住民であったインディアンが、アメリカ人に保護され、
体よく隔離されていることで、将来への希望など持てない
状態なのでしょう。
そんな貧困と無気力が充満している地域で起こったのが、
今回の事件でした。
 
インディアンは黒い髪で、西欧人よりずっと日本人に
近く見えますから、私が初めてミネソタに行った時、
「あ、君のいとこだよ。」と夫に
冗談で言われたくらいです。
 
ミネソタには、元々インディアンの地名だったものが
今でもそのまま使われている所が、たくさんあって、
ローマ字読みできるような、日本人に発音しやすいものも
多いのです。
 
手先が器用で、独特の手工芸品などを作っている彼らの
暮らしが、何とか明るい方向に向かえないか、
インディアン居留地に住む、すべての人たちが、
明日に希望を持てるような政策を、
アメリカ政府にぜひもっと真剣に考えて欲しいと思います。
 
 
 
 
  

Posted by eigo37 at 11:45Comments(0)TrackBack(0)

March 23, 2005

男のバージンって?

これって、すごいネタだと思って、娘が以前「トリビアの泉」に
投稿したのですが、
残念ながら採用されませんでした・・・
 
 ★ 処女のことを virgin 「バージン」という。
    童貞のことも virgin 「バージン」という。
 
私は、「男のバージン」という概念に、
へ〜ぇ・・・だったのですが、
娘は、日本人が女性と男性に対して、言葉を使い分けて
いるということに、へ〜ぇ、だったようです。
 
 ★ 処女、童貞を失う lose one's virginity
 
我が家では、性についての話題は、「カラッと自然に」を
親子で心がけています。
 
夕食をいただきながら、
AIDS (Acquired Immune Deficiency Syndrome)
「後天性免疫不全症候群」の話をしたり、なんてことも。
 
今では、遊び半分でさっさと体験してしまう高校生も多い中、
娘は意外と真面目に、大切に受け止めているようです。
 
  
Posted by eigo37 at 11:22Comments(0)TrackBack(0)

March 22, 2005

Here it is.

英語を英語らしく発音するのは、慣れていない人には
舌をかみそうなくらい、難しいものですが、
英語独特のリズムをつかんでしまうと、あとは数をこなすうちに
それらしく聞こえるようになってくるものです。
 
前にも書きましたが、同じ人間の発する言葉ですもの!
 
学校で日本人の先生に教わった英語と、ナマの英語の
最大の違いも、「リズム」にあるような気がします。
 
まずは、力試し・・・
中学生でも知っている、次のフレーズを、ちゃんと英語らしく
言えるようにしてみましょう。
 
英語の発音を、カタカナで表すのは、無理があるのですが、
何とかがんばってみましょう。
 
       ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
 ★ Here it is. 「ここですよ。」
 
    「ヒアリディズ」 3つの単語を、一息につなげてしまいます。
    しかも、itt の音は、d に近くなります。
 
 ★ right away 「すぐに」
    
    「ライダウェイ」 こちらも、上と同じ要領で。
    フランス語のリエゾンと同じように、単語をつなげて
    発音する、t の音をあまりはっきり発音しない、という点に
    注意すると、かなりネイティブに近い英語が話せる
    ようになります!
  
Posted by eigo37 at 10:20Comments(2)TrackBack(0)

March 21, 2005

あり得ない!

英語には、見ただけでは意味がさっぱりわからない
フレーズが、本当に色々あります。
 
その意味がわかった時の、驚きと楽しさが、
英語を学んでいく上での1つの原動力になっている気がします。
 
       ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
 ★あり得ないね。  Fat chance.
 
   「太ったチャンス」(?)で、「まずあり得ないね。」を表します。
   太っているのだから、いかにも可能性があるように、
   見えるのですが、実際には反対の意味になります。
 
   ところで、洗剤の「アリエール」って、黄ばみが真っ白になる
   ことが「あり得る」、から名付けたのでしょうか。
   ずっと気になっています。
   
   誰か、教えて!!
  
Posted by eigo37 at 10:02Comments(0)TrackBack(0)

March 17, 2005

優柔不断

何を買うか、どこに行くか、何を食べるか、
小さなものから、仕事、結婚相手のような重大なものまで、
人生には選択を迫られるできごとが、いっぱい・・・
 
そんな時、すぱっと決めてしまうタイプの人と、何だかんだと
悩みまくって、時間がかかるタイプの人がいますね。
 
私は、後者かな・・・
でも、その悩む過程を楽むタイプでもあります。
夫は完璧に前者です。
 
一緒に買い物をすると、さっさと決めたがるのが夫、
ちょっと待ってよ〜、さっきの店の方が良かった・・・とか、
もう1件行ってみたら、もっと良いのがあるかも・・・と言うのが私。
 
       ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
  A: これにしようよ。
  B: う〜ん、さっきの方が良かったみたい。
  A: おいおい、急ごうよ。
  B: 決められない!やっぱり一晩寝て考えましょうよ。
 
    A: Let's buy this one.
    B: Hmm, I think the one we saw before was better.
         A: Come on, let's hurry up.
    B: I can't make up my mind! Maybe we should sleep on it.
 
 
 
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 11:07Comments(0)TrackBack(0)

March 16, 2005

消えた 「T」

私はごく普通の日本人ですので、中学、高校、大学と
日本人英語教師による英語の授業を、学校で受けました。
 
今のように、レンタルビデオやDVD、
テレビの二ヶ国語放送もなかった時代、
ナマの英語が耳に入るのは、映画を見に行った時ぐらいでしたね。
 
それがアメリカ人と会話するようになって、
学校で習った英語のリズムや発音と、ぜ〜んぜん違う ので、
本当にびっくり・・・
まず、「Z」のことを、ヤツらは「ゼット」じゃなくて、「ズィー」なんて
言ってる・・・ ( ゜.゜) ポカーン
 
顔や口の中の構造が、どこか違うのでは?と真剣に思いましたね。
でも、私が達した結論は、
アメリカ人だって、同じ人間だ、ということ。
舌が1枚多かったり、歯の数が違うわけではないですもの。
 
ダダ〜ッとすごい勢いで話されると、
とても同じ生き物の言葉とは思えませんが、
まずはゆっくり、違いを解明しようと思いました。
このブログでも、気付いたことを、少しずつ書いていきます。
 
       ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
 ★nt の次に母音がくると、t が消えてしまうことがあります。
   
   twenty とアメリカ人が言うと、「トゥエニィ」に聞こえます。
   
   アメリカ人は怠け者なので(?)、舌の位置があまり変わらない
   n t が続いた時、 t の音を省略してしまうことが多いのです。
   n t がほぼ一体化して、次の y とくっつき、
   「ニィ」のように聞こえるわけです。
 
   他の単語でも、練習してみましょう。
 
    plenty 「プレニィ」に近くなります。
    center  「セナー」に近くなります。
 
さあ、またバイリンガルに一歩近づきましたね!
 
  
Posted by eigo37 at 11:07Comments(0)TrackBack(0)

March 15, 2005

ト音記号

私は幼稚園の頃からずっと、
何らかの形で音楽に親しんできましたので、
字の読み方を覚えるのと、音符の読み方を覚えるのは、
ほとんど同時だったかもしれません。
 
子供の時から、何だか愛嬌のあるト音記号の形が大好きです。
小さい子にとっては、書くのが結構むずかしいですけどね。
 
      ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
 ★ト音記号  G clef   または treble clef (高音部記号)
 ★ヘ音記号 F clef   または bass clef (低音部記号)
 
ドレミファソラシド(ハニホヘトイロハ)の音名を、
英語では CDEFGABC と読むので、「ト音」は英語の G
「ヘ音」は F で表すわけです。
ギターなど弾かれる方は、コードネーム Cm とか G7 などの
表し方を、よくご存知ですよね。
 
歌をドレミで歌うことには、慣れていますが、ABCで歌う時には、
とまどってしまいます。
「ドレミの歌」があるので、
アメリカ人も普段ドレミを使うのだと思っていましたが、
インターナショナルスクールの音楽の授業では、
音名に ABC を使っています。
 
音符の表し方は、ありがたいことに世界共通ですが、
読み方は違うので、
こちらもバイリンガルにならなければ・・・
 
 
  
Posted by eigo37 at 10:57Comments(0)TrackBack(0)

March 14, 2005

愛してる?

アメリカの親戚や友人から、手紙やカード、Eメールがよく送られて
きます。
 
日本にはない習慣で、ステキ!と思うのが、
最後に自分の名前を書く前に、 Love,  と入れることです。
 
結婚前、今のダンナから手紙をもらうたびに、この Love,  を見て
「愛されてるわ〜。」と、うっとりしたものですが、
実は、これにはそれほど重い意味はなく、家族や友人同士が
気軽に使っています。
 
ですから、女性同士で使っても、別にレズ?とは思われません。
男性同士では、あまり使わないようですが・・・
 
もっとフォーマルな手紙には、  Sincerely  と書くのが普通です。
 
アメリカのお義母さんからの手紙の最後に、×○×○
と書いてあるのを、初めて見た時は、
「なんじゃこれは?何かの暗号?」と思いましたが、
これは、 Hug and kiss  のこと・・・
は hug (抱擁)、×は kiss  のことを表すのです。
 
日本のお姑さんは、嫁にこんなことしないだろうな〜
「かしこ」とか書くのでしょうか?
 
  
Posted by eigo37 at 11:16Comments(0)TrackBack(0)

March 11, 2005

私は何々です

娘が幼稚園に通っていた頃、自分の大切にしている物を持っていって、
みんなの前でそれについての話をする、という日がありました。
 
どういうわけか、娘が一番最初にみんなの前で話すことになり、友達や
お母さんたちの視線を一斉に受けて、少し緊張した様子。
 
先生が娘に向かって言いました。
「お話を始める前に、『私は何々です。』って言ってね。」
 
素直に育った家の娘、ちゃんとみんなの前で大きな声で言いましたね。
 
「私は何々です!」
 
よくできました・・・場内爆笑
 
       ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
 ★誰それ、何々、何たらかんたら
    so-and-so   最初の so にアクセントをつけます。
     
 ★某氏 
    Mr. So-and so
     
 ★夫はきっと、今日は何々をしなくちゃいけないから行けない、って言
   うでしょうね。
    My husband would say, "I have to do so-and-so today,"and
         excuse himself for not going.
 
  
Posted by eigo37 at 10:03Comments(2)TrackBack(0)

March 10, 2005

お先にどうぞ

玉川高島屋が近所なので、時々買い物に行くのですが、入り口で
いつも思うことがあります。
 
ここは自動ドアではなく、
自分で押すか引くかしなくてはならないドアです。
 
たま〜に心優しい方は、次に入る人のためにドアを
押さえていてくれるのですが、大抵の人は後ろを振り向くこともなく、
さっさと入っていってしまうのです。
 
反動で、次の人にぶつかってしまうかもしれません。
危ないです!
今はどこでも自動ドアが多いので、
きっと気がつかないのでしょうね。
 
アメリカでよく買い物に行く、ショッピング・モールのドアも同じ作り
ですが、ここではみんな当たり前のように次の人を待って、
手でドアを押さえていてくれます。
にっこりとね。これ、アメリカ人の常識!
 
そこで、私は声を大にして言いたい!
 
  「そんなに急いでどこへ行く!後ろの人
   確かめろよ!」
 
銀行のATMや公共トイレなどのフォーク並びや、
エスカレーターでの片側並びも、
こうしなければいけません、という法律が
ある日突然できたわけではなかったですよね。
 
その方が便利で、イライラしなくてすむから、
次第に定着した習慣でした。
 
「後ろの人のためのドア押さえ」も、
みんなが自然にできるようになるといいのに、と願いつつ、
今日も私は、笑顔で「プチ親切」を実行します。
 
        ∵*☆∴ ∵*☆∴
 
アメリカ人が、重たい荷物を持った人や、ベビーカーを押している人を
見かけた時、ドアを押さえながら言ってくれるひとこと。
 
建物のドアだけでなく、乗り物に乗る時、何かに並んでいる時、
同時に二人の人がしゃべり始めてしまった時などにも使えます。
 
★お先にどうぞ
      Go ahead. / After you.
          もちろん、このように言われたら、Thank you. のひとことを
     忘れずに・・・
 
      Age before beauty.
          レディーファーストの習慣のあるアメリカですが、
          お年寄りを先に通してあげる時にどうぞ。
    
     この表現は、知らない人に向かってではなく、
     知り合い同士で使うことが多いですけどね。
          あなたが、美しい人でなくてもかまいません。
    
     「あなたの方がお年だから」とほのめかすように
          冗談半分で、男性同士でも使うようです。
 
 
 
 
  
Posted by eigo37 at 12:09Comments(0)TrackBack(0)